掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
切迫流産 体験

切迫流産体験記!あんなに出血したのに元気に生まれた我が子

切迫流産という言葉を聞くと、ナーバスになってくよくよしてしまうプレママが多いですよね。

自分も壮絶な切迫流産を経験しましたが、無事に元気な赤ちゃんを出産しています。

大出血したり、かかりつけ医院から大病院へ救急車で搬送されたりと、文字とおりドタバタなマタニティ時期でしたが、赤ちゃんは元気に生まれてきてくれたのです。

切迫流産とはどんなものなのか、そして私の壮絶な切迫流産の体験談を紹介します。

切迫流産って何?

切迫流産 って?

妊娠初期、「切迫流産」と診断され、安静を言い渡されることあります。

切迫流産は流産する恐れがあるということですが、安静を徹底しれいれば妊娠を継続し、元気な赤ちゃんを出産できることがほとんどです。

胎児の心拍を確認できている状態の切迫流産では、乗り越えられることが多いのです。

反対に、胎児が原因で切迫流産となった場合、心拍が確認できないことも多く、その場合、妊娠を継続していくことは残念ですがありません。

切迫流産と診断されたら

切迫流産と診断され、エコー検査で胎児の状態を確認し、心拍が確認できると100%安静を言い渡されます。

即入院としている病院もあれば、自宅安静とする病院もあります。

入院して安静にする場合、止血剤を使用したり、お腹の張りを抑える薬が使われたりもしますが、基本絶対安静で体を起こすこともNGです。

徹底的な安静が強いられます。

自宅で安静にする場合、本人はもとより、家族の理解を得られずに家事をしてしまう人が多いです。

食事の準備や洗濯……無理をしなければ大丈夫だろう。そう思っていませんか?

切迫流産は流産する可能性があるということを忘れてはいけません。

入院するとほぼ寝たきりのような状態になります。

自宅にいると中々そうはいきませんが、トイレ以外はなるべく動かないようにしましょう。

上の子がいる場合

切迫流産と診断されて安静を言い渡されても、上の子がいる場合、育児に追われて中々安静にはできません。

上の子を預けられるのであれば状態が安定するまで預かってもらうのが望ましいです。

預かりが難しくても、一時保育などを利用し、家族が送り迎えできる状態であればよいのですが、自宅での安静は難しいとして、入院させてもらうのが一番かもしれません。

切迫流産なんて言葉も知らなかった頃~壮絶体験記

切迫流産 の体験談

結婚して3年。

そろそろ子供が欲しいと思い、基礎体温をつけ始めました。

それと同時に、右脇腹に常に鈍痛があったので婦人科で検査をしてもらうことに。

のた打ち回る程痛かった卵管造影剤の検査を受けたところ、卵管が詰まっていたことが分かりましたが、左の卵管は正常だから、自然妊娠も不可能じゃないとのこと。

医師の「妊娠できる」との一言で、片方の卵管が詰まっていることなど全く頭になくなったのですが、今思い起こすと、なんて能天気なんだろうと思います。

右の卵管が詰まってるから鈍痛があったんだ~

くらいにしか考えていなかったのです。

自然妊娠から1度目の切迫流産へ

最初の切迫流産

病院で検査した翌月、まさかの妊娠が発覚し、あまりの早さに自分でも驚いたくらいです。

妊娠8週。それはもう大喜びです。

安定期になるまで妊娠を伏せておくという人が多い中、本当に能天気で何も考えていなかった自分は、妊娠した喜びのあまり、周囲に知らせまくったのです。

その頃、仕事をしていましたが立ち仕事で動き回る仕事でした。

お手洗いに行った時、トイレットペーパーにほんの少し血がついていて、出血していることに気づきました。

妊娠してるのになんで血が?

くらいにしか考えていませんでした。

本当に危機感がありませんでした。

切迫流産の診断

会社の人たちにすぐに病院に行くように言われて診察してもらったところ、切迫流産とのこと。

自宅戻ることは許されず、そのまま入院となりました。

切迫流産がどんなものなのかまだよく分かっておらず、出血も少量だったため、このときも危機感があまりありませんでした。

4人部屋の全員が切迫流産で入院していて、自分以外にも同じ状態で入院している人がいるとういうことは、珍しい症状ではないのだなと、勝手に納得していたほどです。

切迫流産は安静に

切迫流産 は安静に

切迫流産はなんと言っても安静です。

入院して寝たきりの生活が始まりました。

普段ベッドの横になっているのはもちろんのこと、歯磨き、食事でさえ寝たままという徹底した病院でした。

病室の向かいがトイレにも関わらず、体を起こすことも禁止されていたので、トイレに行きたいときはナースコールで看護師さんを呼び、挿し込みおまると呼ばれる寝たまま使用できるおまるで用をたします。

さすがに便を出したい時、寝たままはどうしても無理なので、夜中にこっそり向かいのトイレに行っていました。

4人部屋で同室の人も同じ切迫流産で入院していましたが、歩行許可された人のスリッパを借りてトイレに行っていました。

今考えると本当に安静の自覚がありませんでした。

24時間点滴

切迫流産 で点滴

切迫流産で有無を言わせずに入院となったわけですが、入院中につわりが始まり、悪阻となってしまい、何も口にすることができなくなってしまいました。

少量ですが出血も続いたため、24時間点滴生活が始まりました。

常に腕に針が刺さっている状態。

血管がもろくなってくると場所を変えますが、最後の頃には刺す場所がなく、手首の親指側という、皮膚が薄くてとっても痛い場所に点滴の針を刺したものです。

ただでさえ寝たきりで腕しか動かすことができないのに、利き腕には常に点滴を打っていましたし、疲れるので読書などもあまりすすめられないと言われ、とにかくやることがないので、同室の人とのおしゃべりが唯一の時間潰しでした。

2度目の切迫流産

2度目の切迫流産

出血が治まってしばらくしてようやく退院でき、平穏なマタニティ生活がやってくると思っていました。

退院した翌日、またもや出血。

さすがに2回目の出血ですから慌てました。

また入院となるのが分かっていたので、入院準備をして病院へ。

案の定即入院で寝たきり生活の再来です。

病室に入ると「もう帰ってきたの!?」と言われる始末です。

夏真っ盛りでの寝たきり入院でしたので、背中のあせもが大変なことになりました。

同室の人の切迫流産

入院した時、出血の原因を皆で教えあいました。

自分の場合は立ち仕事がきかっけだったのかなと思います。

今での交流のある同室だった人は、ご主人と喧嘩して叩かれ、体に力が入った瞬間だったり、雪の降る地域で、積もった雪をかいていて出血したなど、きかっけは様々でした。

でも、総合して考えると、やはり「無理」をしたのが原因ではないのかなと思います。

切迫流産の再々来!?大出血!

再び切迫流産

2度の少量出血を経験し、なるべく無理をしないように過ごしていた妊娠21週の頃。

ベッドに腰掛けていたら、なにかがはじけたような感覚がありました。

ゆっくり立ち上がるとドバっと何かが落ちてきた気がして慌ててトイレに駆け込んだら大出血!

蛇口を勢いよくひねった時のように、ジャージャーと出血していました。

夜遅かったのですが、病院に電話してすぐに向かいました。

車の中では、あまりの出血のため、今回はもうダメかもしれないと、妙に冷静に考えていたのを覚えています。

病院につき、先生はそれ程の出血と思っていなかったらしく、診察台のカーテンの向こうで

あっ!本当だ!かなりの出血!すぐベッドへ!

そのままストレッチャーに乗せられ、病室のベッドへ運ばれました。

夜中の入院で、同室の方達には迷惑をかけてしまいましたが、先生や看護師さん達の慌しさから、今回は本当にダメなんだな……と諦めていました。

時間が止まった気がした

自宅のトイレで出血を目の当たりにした時、時間が止まったような気がしました。

自分以外の全てのものがストップしてしまったかのような錯覚がありました。

真っ赤な鮮血に、諦めの気持ちが湧き上がり、これ以上妊娠を継続していくのは無理なのだろうと勝手に自己判断していました。

ちょうど妹が遊びに来ていた夜で、夫と妹の方が慌てていて、自分は慌てながらもどこか冷静な部分がありました。

どうしてこんなに何度も出血してしまうのか。

今回はこんなにも勢いよく出血してしまって、自分も赤ちゃんもどうなってしまうのか。

そんなことばかり考え、諦めの心境ばかりで「赤ちゃん助かって!」と言う気持ちになりませんでした。

もう妊娠中に出血をする自分にウンザリしていたのだと思います。

出血とまらず救急搬送

救急搬送

夜中の大騒動の入院だったのですが、出血が止まる気配がなく、看護師さんに付き添われ、救急車で大病院に再搬送されました。

大部屋に1人ぽっち。

大出血も怖かったですが、夜は違う意味で怖かったです。

止血剤を使い、すぐに出血は止まったものの、大事をとって安静は続きます。

幸いだったのは、病室向かいがトイレになっていて、トイレ歩行のみ許可をもらえたことです。

経験者なら分かると思いますが、寝たまま用を足すということは普段しないことなので、膀胱がパンパンになっていても中々でないものです。

しかもほぼ100%の確立でシーツを汚してしまうので、そのたびにシーツ交換をしてもらうのもためらわれるものです。

トイレ歩行だけでもできるので、安静の入院生活もなんとか乗り越えられました。

大病院での入院生活

切迫流産で入院しているということは、流産する可能性があるということです。

例え出血が止まっても、胎動がないと不安で不安で仕方がありませんでした。

大病院でしたので、看護学生の実習があり、自分を担当する学生さんが3人いました。

大部屋で1人で入院している自分のところへ、実習の合間をぬって顔を出してくれ、話し相手になってくれていました。

心拍確認

ある日、実習生の1人がトラウベという、昔ながらの胎児の心音を聞く道具を持ってきました。

ドプラー検査で簡単に心音は確認できるのですが、自分はまだ入院してからそれをしていませんでした。

実習生が持ってきたトラウベという器具は木でできていて、お腹と耳にあてて心音を確認する器具です。

「トラウベ使ってみたいので、心音聞かせてください♪」

ニコニコしてお願いされました。

自分は大出血のあとですから、心音が聞こえるかどうか不安でしたが、

「あ~聞こえる聞こえる~♪」

とはしゃぐ実習生を見て泣きそうになってしまいました。

あれだけの出血だったのに、元気な鼓動でお腹の中で頑張ってる!感動でした。

医者も驚くほどの大出血にも関わらず、お腹の中の赤ちゃんはしっかりとしがみついていたのか、順調に成長していました。

心拍も確認でき、その後胎動もあります。

度重なる切迫流産

度重なる切迫流産

切迫流産になる明白な原因は分かっていないと言われています。

染色体異常によるものや、お母さんのストレスや無理な運動が起因になっているのではないかとも言われています。

自分は最初は無知で無理もしましたが、何度も切迫流産を経験するうちに、安静が身についてしまい、本当に必要最低限のこともしないようなマタニティ生活を送りました。

切迫流産はあくまでも流産する可能性がある状態。

あれだけ出血しても流産せずに赤ちゃんはお腹の中で育ってくれました。

今思えば、仮にダメなら最初の出血でダメだったのでしょう。

予定日よりも2週間早く、低体重児ではありましたが、とても元気に産まれてきてくれました。

マタニティ生活を振り返れば、切迫流産を繰り返し、そのほとんどが入退院生活でした。

産まれてくる我が子を楽しみに、お腹をさすって幸せをかみ締める……なんて光景とは縁遠く、無事に産まれてきて!と、そればかり願っていました。

徹底的な安静で切迫流産からなんとか抜け出し、出産できた瞬間は、喜びよりも安堵感の方が強かったです。

医師の指示に従って

自分は切迫流産になるたびに、有無を言わせずそのまま入院となりました。

中には入院の準備をするために帰宅したい、上の子がいるからこのまま入院はできない。

そういう人も少なくないですし、実際自分が入院中、何人か即入院を拒否していた人がいました。

でも、即入院ということは、それだけ安静が必要だということです。

帰宅して、入院の準備をすることすら本来病院としてはやってほしくはないことなのです。

医師は絶対、安静を言い渡しますが、その安静の意味がどういうことなのか、少しの無理がお腹の赤ちゃんにどんな影響を与えるのか考えましょう。

日頃自宅でやっている家事が、切迫流産では無理な行動になってしまうと言うことを肝に銘じなければいけません。

元気な赤ちゃんを生むために、医師の指示は忠実に従い、家族の理解が得られないのであれば、医師に説明してもらうようにしましょう。

筆者情報
筆者IMG
■SKHN:Koo!
Facebookでお馴染みのKoo!です。
Koo!自身の切迫流産の経験談です。
病院で同室だった切迫仲間も皆元気な子を出産しました。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
みんなにシェアしてみないか

新着赤ちゃん記事に関する記事

安産

目指せ安産シリーズ!・・・

目次 安産に向けてママができること~HN・・・

「ながら 」美容

「ながら」美容で楽々・・・

目次 ながらスキンケア お風呂タイムで・・・

乳児湿疹

乳児湿疹対策!こども・・・

目次 ベビーパウダーは必要?赤ちゃんの乳・・・

無痛分娩

出産は無痛分娩で!本・・・

目次 無痛分娩を選択した実体験からのアド・・・

サボリーノ

サボリーノは妊娠後期・・・

目次 サボリーノとは?時短スキンケアがで・・・

切迫流産 体験

切迫流産体験記!あん・・・

目次 切迫流産って何? 切迫流産なんて・・・

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群って・・・

目次 妊娠高血圧症候群って?産後も続くの・・・

抱っこ 派?おんぶ派?

抱っこ派?おんぶ派?・・・

目次 抱っこもおんぶもするけれど、しいて・・・


シェアしてママの輪をつなごう

出産に関する記事

不妊治療

不妊治療での妊娠!大・・・

目次 不妊治療の病院がとても混んでいる ・・・

私の徹底した妊活について

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 徹底した事①身体を温める! 徹底・・・

不妊の一番の足枷…わたしの場合

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 子どもが欲しくて結婚 一番妊娠し・・・

いざ、不妊治療へ!

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 甘くはなかった不妊の「初治療」 ・・・

男性不妊を乗り越え自然妊娠へ

男性不妊を乗り越え自然妊娠へ

不妊歴6年を経て7年目に自然妊娠しましたが、結果的・・・

元気でいてくれてありがとう

元気でいてくれてありがとう

目次 妊娠発覚 突然の出血 喜びから・・・

切迫流産だった?ヒヤヒヤ過ごした10ヶ月

切迫流産だった?ヒヤ・・・

目次 妊娠初期に出血が! 安定期に入っ・・・

出産前にやっておきたいこと

出産前にやっておきたいこと

もうすぐ、いや来週ぐらいに3人目を出産予定のアラサ・・・

今月の人気記事

生後5ヶ月

妊娠16週~19週 (妊

生後7ヶ月

妊娠24週~27週 (妊

生後6ヶ月

妊娠20週~23週 (妊

生後8ヶ月

妊娠28週~31週 (妊

パンしか食べない息子の日々

パンしか食べない息子の日

36時間出産レポート

36時間出産レポート

乳児湿疹

乳児湿疹は赤ちゃんの顔に

カナダでのびっくり出産体験

カナダでのびっくり出産体


36週で逆子がなおった!
パンしか食べない息子の日々
36時間出産レポート
目指せ安産シリーズ!ママ

ママに「シェア」してほしいのだ
スポンサードリンク
まさに必っ死!!
まさに必っ死!!
高齢出産の体験談▲高齢出産の体験談
今月の赤ちゃん大募集!応募はこちら
今月の赤ちゃん
神奈川県の龍臣(たつおみ)ちゃん
神奈川県の龍臣(たつおみ)ちゃん
おめめクリクリムチムチボーイ
イベント・行事エピソード
赤ちゃんあるある
歯磨き特集
すくカレキャラクター紹介▲赤ちゃんのイメージをキャラクターにした「すく坊」や「ダン坊」などつくしの赤ちゃん仲間のご紹介!
育児グッズ

抱っこ派?おんぶ派?自分はこっ..

子供の母子手帳ケースはどうする..

ベビー用品レンタルせずに購入し..

兄弟コーデ&親子コーデ!リンク..

子供にとってお風呂は楽しい遊び..

お風呂を楽しくする我が家の魔法

アラフォー母さんのお風呂奮闘

アラフォー母さんの冬におススメ..

離乳食
海外の子育て
ベビーサイン▲ベビーサイン
お役立ちデジタルコンテンツ▲便利で使えるアイテムを作ろう。
ジョナサンの成長日記▲新生児を1歳になるまで追いかけて取材しました。一年間の軌跡を綴った成長日記は毎月のようにドラマが…。これからママになる人も見てほしい幸せになるストーリー!
ダン坊のミルク集め

アプリ名:ダン坊のミルク集め
●価格:無料
●現行バージョン: iOS 1.0.3

アプリの詳細についてはこちら

RSSを購読▲RSSリーダーで手軽に新着情報GET!!
すくママラインスタンプ販売中▲ママ必見のすくママスタンプ。妊娠したら使いたいママの行動をバッチリ表現。ママには必見のスタンプなのです。
すく坊と仲間達のラインスタンプ販売中▲すくカレのキャラクターすく坊と仲間達のラインスタンプ発売中、つくしのよう精がLINEのトークを盛りあげてくれるよ。