掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
総合病院 で診察

総合病院が出産に安心なわけ!!他と比べてみると…

出産するときに気になっていまうのが産院。実は総合病院 と個人病院、助産所……。

たくさんの種類の産婦人科があります。妊娠が分かってどこを受診するか迷っていませんか?

医療関係のお仕事についていない限り、出産に関しては特にこれといって専門知識のないのが初産の人の現状。

なので、妊娠したら、どこの病院で出産しようと迷うケースが多いのではないでしょうか。


オススメは総合病院

初めての出産の場合何かと不安が大きいものですよね。

そして、産婦人科が少ない地域だと産婦人科ジプシーになってしまう人もいると聞きました。

「早めに産む予約」をしないといけないということだってあるというので不安が増します。


ただ、一度決めてしまうと、何か理由がないと転院するのも難しくなります。


病院を選ぶ一つの基準としては

『不安なく安全に生みたい』

というのが本音です。


そういった点では総合病院がオススメです。

私も総合病院を選びました


総合病院 の良いところは、自然分娩できない場合の処置やケアが充実していることです。


出産にはトラブルがつきもの。

急遽帝王切開になってしまうケースもあります。


緊急帝王切開と呼ばれるものです。


そうなってしまった場合でも、状況に合わせた処置をとっていもらえるので安心できます。

また、双子だと総合病院でないと産めないケースもあります。


妊娠初期から双子かどうかはわかります。

そんな時は、個人病院に行っていても対応できないとされて紹介状を書いてもらったりするケースもあります。

また、トラブルが起こりやすい高齢出産の時も総合病院を選ぶことが多いです。


NICU併設かどうかも病院選びのひとつの基準です。

一方、確かに設備は充実している分、出産費用は比較的高額になってしまいます。


個室を予約すると価格が更に高くなります。

安心と引き換えですので高いと取るか、妥当だと考えるかですね。

また同じ総合病院でも大学病院の場合、研修生が出産に立ち会うこともあります。


今後の医学のためだと思えるのであれば問題ありませんが、担当医師以外に出産を見られて観察されるのは嫌だという人は、大学病院にはむいていないかもしれません。


個人病院の魅力は?メリットはここ!

個人病院の産婦人科も人気です。

大学病院や総合病院と比較すると、丁寧なサービスが人気です。

個室でプライバシーが保たれたり、トイレやバスつきは当たり前、出産したあとのシャンプーサービス、フランス料理を食べられる、出産する時にクラシック音楽をかけてくれるなどのメリットが多く、出産を楽しいものにするために個人病院を選ぶ人も増えています。

産婦人科のみの医療機関では、託児サービスがあったり、マッサージサービスがあったり、マタニティエステ、マタニティヨガがあったりと付加価値のメリットが多いのも特徴。


執刀医が検診の時から見てくれているお医者さんだったりすると、顔見知りのお医者さんにまかせることができるので、安心して出産できることもあるでしょう。

帝王切開だったりすると産後は寝たきりになることも多いので、シャンプーをしてもらえたり、トイレが個室についていると助かるといった声も聴かれます。

総合病院・個人病院の他にも助産所が流行っているけど・・・

総合病院 の医師

近頃では助産所、助産院で出産したいというプレママが増えてきています。


費用が総合病院と比べて若干安いというのと、アットホームな雰囲気で出産できるからでしょう。

また陣痛などで苦しいときでもきちんとフォローしてくれるのもありがたいですね。

ただ、なんの問題もなく出産できればいいのですが、助産所は医療行為ができません。

そのため、帝王切開などの医療行為を伴う可能性があると病院に搬送されて出産することになります。


もちろん、妊娠中の検診も、採血などはできないため、病院でしなければいけません。


最近の個人病院も、検診まではするけれど、出産は総合病院というところも増えてきています。


私は総合病院にしました!周囲を見ると・・・

最終的に言えることは、自分がココ!と思って納得できる病院で出産するのが一番です。

私は悩んだ末に大学病院の総合病院にしました。

妊娠中にマイナートラブルがあった場合も、24時間対応している緊急外来があるので、対応してもらえることが決め手でした。

結果として緊急外来には行かなかったのですが、いざという時に行ける安心感がよかったです。

また、執刀の時には研修医の立会いがありましたが、こちらも産むのに必死なので、周囲にいる人が看護師なのか研修医なのかよくわからないままでした。

人数は多いかもしれませんが私はそこまで気にならないものでした。

周囲を見ると35歳以上の高齢出産の人、双子の人、緊急で運ばれてきた人が入院していましたよ。

また、赤ちゃんがNICUに入るとママも一緒に来ていたりしました。

私自身はトラブルなく過ごせましたが、30歳を超えての妊娠だったので保険をかける意味でも大学病院にしたのはよかったように思っています。

出産に総合病院を選んだわけは・・・理由はコレ!

出産する病院

出産 をどこでするかについては、妊娠初期の段階で実母やまわりのママたちの話を聞いてバスで通院できる総合病院を選びました。


総合病院で出産することを決断

近所にはいくつか出産 できる施設があったのですが、最終的にラグジュアリーな個人経営か、昔から無痛分娩で有名な総合病院かで悩みました。


個人のほうは家からの最寄り駅すぐそばにあったのですが、その最寄り駅までは徒歩15分、バス利用するにしても家からバス停までも歩くことや、駅前の人込みを考えるとなんとなくイメージがわかず、いまいち踏ん切りがつきませんでした。


もう一方の総合病院は実母が姉を出産 した場所でもあり、無痛分娩をしたことで産後がとても楽だったこと、産婦人科だけでなく他の診療科もそろっているので何かあった時にも安心できるという点でこちらを選ぶことになりました。


通院に便利な総合病院

出産

バスか電車を利用しないといけない場所だったのですが、幸い家から徒歩1分のところにバス停があったことも大きな決め手となり、最初に通っていたクリニックに頼んで紹介状を書いてもらったことを覚えています。


今から考えると、初めての出産 ということで勝手もわからなかったため、総合病院なら何かあった時にも安心という点が大きかったように思います。


無痛分娩を選んだことで普通分娩に比べると費用は高めでしたが、ラグジュアリーな個人経営のほうと比べると安く抑えることができました。


きっと次の出産も総合病院!

結果的には特に問題もなく赤ちゃんを出産 することができたので、どちらを選んでもよかったのでしょうが、もしまた妊娠することがあれば同じところを選ぶと思います。


年齢が高いこともあるので、やはり何かあった時に安心というのは大きいです。


個人経営のほうと比べると安く抑えられたとはいえ、わりと食事にも気を使っていて、産後入院中はカフェテラスでお茶とデザートの食べ放題などのサービスもあったため、他のところと比べると高めのお値段だったとは思います。


しかしどんどん大きくなるお腹で毎回通院することを考えると、楽にバスで移動できた点は非常に便利でした。


安心と便利さで選択した結果だと思います。

病院選びはココをチェック!個人と総合病院・出産するならどっちが良い?

病院 のベッド

病院 選びは妊娠・出産に限らず迷うものです。


女性であれば妊娠する前から知りたい情報として


「出産施設はどこが良いのか?」


があります。


総合病院、個人病院の2つに大きく分けられますが、それぞれにメリットデメリットがあり選ぶ時に迷うのではないでしょうか。


総合病院で出産→結果オーライ!

まず私の経験談になりますが、私は1人目も2人目も総合病院 で出産しました。


1人目は近くにそこの病院しかなかったので選択の余地はありませんでしたが、2人目は個人病院の方が食事のメニューも豪華でマッサージなども付いていると知り、出産は個人病院にしようと思い分娩予約をしておいたのです。


しかし妊娠8か月後半で破水してしまい、個人病院では対応できないと言う事で救急車で総合病院に運ばれ生みました。


総合病院の方は病人食に近いのでメニューも量も少し貧弱に感じましたが、医療体制は万全でしたので、早産児でも安心して生む事ができます。


更に分娩費用も個人病院よりも安く済んだので社会保険の手当金で十分賄えて助かりました。


病院別のメリットとデメリット

病院 の個室

メリットデメリットとして個人病院は料金は高めですが個室でホテルにいるような待遇になり、食事も美味しく一時的に「お姫様気分」を味わえます。


但し早産などは対応できないケースがあり、分娩後に子供だけ別の大きな医療施設に入院するケースもあるので、心配な方にはあまりお勧めしません。


総合病院などの大きな医療施設では食事面で物足りないかもしれませんが、病気で入院している訳ではないので食事の制限もないに等しく、オヤツも出るので意外と快適です。


また売店で買い物もできるので大きい病院の方が気分転換しやすいかもしれません。


医療体制も万全で医師が常駐している点も重要です。


中にはマッサージも受けられる施設もあるので個人病院とサービスを比較してみるのも良いでしょう。


比較的費用も安いので私は総合病院などの大きな医療施設をお勧めします。


高齢出産や高血圧の方など、リスクが高い妊婦なら、分娩は個人病院よりも大きな医療施設で受けた方が無難です。


ただ妊婦検診は個人病院でも十分ですので、分娩の予約だけ気を付けましょう。

出産トラブルにもすぐに対応!総合病院がおすすめ

出産トラブル

出産トラブルが起こった場合


すぐに対応できるのは、やはり総合病院でしょう。


核家族が多い現在、自分が妊娠するまでは、まわりに赤ちゃんがいなかったという方も多いのではないでしょうか。


自分に直接関係のない遠くの誰かに赤ちゃんが生まれたというニュースを聞いたり、街中で妊婦さんを見かける程度で、ドラマの世界がイメージのほとんどだったりします。


そういう頃は、妊娠中や出産トラブル があるかもしれないなんて考えもしないものです。


わたしも無事に何事もなく、健康に生まれてきてくれるのが当たり前、そんなふうに思っていました。


妊娠トラブルとは?

妊娠すると、つわりがあります。


よく、妊娠判明のドラマで吐き気をこらえるシーンがありますが、代表的な吐き気のほか、以下の症状があります。


■ だるさ
■ 眠い
■ 吐き気
■ めまい、立ちくらみ


そして、一番注意しなくてはいけないのが「切迫流産」。


妊娠初期は流産の可能性が一番高い時期。


初妊婦は、「これってつわり?」とつわりの一種と考えていると、入院になってしまうこともあります。


切迫流産だと家事をすることもドクターストップがかかります。


特に、出血がある時は要注意で、すぐにお医者さんに相談を。


その理由は、普通の妊娠は「出血しない」ものだからです。


鮮やかな赤い血のほか、チョコレート色の血であっても出血があったら、ただちに処置を聞いて。


切迫流産だと「安静に」と言われ、トイレ以外は寝たきりで家事もしない状態が続きます。


お腹がいたく、それがつわりと勘違いしていると赤ちゃんが流産してしまうこともありえるので、注意しましょう。


経験した妊娠トラブル

レアケースかもしれませんが、私自身、妊娠トラブルを経験し、寝たきりになりました。


出産トラブルはよく聞きますが、私の場合は妊娠してすぐからトラブルが続く「妊娠トラブル」です。


まず、妊娠が分かってすぐには卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)だと言われ、そのせいで、自宅で安静にするように指示されました。


家事も必要最小限です。


言われた時は、この「卵巣嚢腫」についてインターネットで調べ、


「腫瘍って?手術が必要なの?もしかして亡くなる可能性だってあるの?」


と怖くなりました。


ストレスが原因のことが多いようですが、妊娠が判明してから約一か月間はほとんど寝ていました。


幸い、腫瘍は小さいものだったので手術は必要なく経過観察。


ただし流産の可能性や腫瘍による痛みがあるといけないため、自宅で安静にしているよう言われます。


それが落ち着いた頃には、今度は切迫流産と言われ、また自宅で安静にしなくてはいけなくなりました。


友人や知人でも、妊娠したからといって寝ている人は少ないです。


普段どおりの生活をしている人がほとんどなのに、なぜ私が……。


それまで普通の生活を送ることができていたので、ショックでした。


そのまま月日が流れ、今度は切迫早産となり、しまいには24時間点滴で4か月入院することになりました。


結果として、最初の1ヶ月、その次の切迫流産、4ヶ月の切迫早産の期間で、妊娠中のほとんどを寝て過ごすことになった私……。


自宅でであれ、病院でであれ、安静。


寝ている時間はとてつもなく長かったです。


切迫早産の入院中に色々な妊婦さんが入院してきたり退院していったりしました。


とても長い4か月の入院中にはさまざまなケースを見てきました。


皆、私と妊娠期間がほとんど同じだったので、自分も同じようになったらどうしようと、とても不安に感じました。


妊娠トラブルでも総合病院が安心

私が切迫早産の時に入院していたのは総合病院です。


「妊娠中にも入院できる」産婦人科は、知る限りあまりありません。


個人病院で産む憧れもありましたが、卵巣嚢腫あり、切迫流産に切迫早産と妊娠中からトラブル続き。


切迫早産で入院する段階で総合病院に行くことになり、なんとなく「このまま総合病院で産むことになるかな」と考えていました。


むしろ、その方が安心かな、とも。


自分自身のトラブルはもちろん、産まれてきた赤ちゃんに処置できるような小児科やNICU(新生児特定集中治療室)がある病院がいいなとも思いました。


切迫早産だったので、もし早産になってしまったら低体重児になっている可能性も高く、その場合は生死にもかかわるのでNICUがあると安心です。


新生児の対応がすぐにできますし、低体重児だった時に出産後すぐに母子ともに転院しなくてもいいからです。


また、妊娠中に何のトラブルがない人も、赤ちゃんが生まれた後すぐに細菌感染したり、黄疸がきつかったりして、産婦人科の対応だけでは不十分な場合があるのを見てきました。


私が入院していた総合病院も、他の産婦人科からの転院の人がいました。


出産トラブルって何?

妊娠の時のトラブルだけではありません。


出産の時のトラブルもあります。


昔は、死産も多かったそうで、赤ちゃんが産まれても元気な我が子と対面できないこともあります。


痛みを軽くできる無痛分娩も、今、問題視されています。


麻酔を打つことで、痛みが軽くなり、出産時がとても楽になります。


ただ副作用もある無痛分娩。


芸能人も、無痛分娩・和痛分娩を経験していて、小倉優子さん、クワバタオハラ・小原正子さんも経験したとか。


ただ、麻酔のききすぎで乗り物酔いのように気持ち悪くなったり、意識が混濁したり、逆にきかなくて痛いままだったりするケースもあります。


出産トラブルでは、いわゆる


■ 母体のトラブル
■ 赤ちゃんのトラブル


の2つが挙げられ、自然分娩を予定していたママが緊急帝王切開になったり、出血が多くて意識がもうろうとしたり、無痛分娩出産で麻酔による副作用が出たりと色んなケースがあります。


以前は、出産でなくなるママもいたわけですから、出産時のトラブルもいまだに多いのはうなづけます。


出産しても赤ちゃんの心拍が弱いとNICUに入らなくてはいけないこともあり、出産は全てが順調に終わるわけではないことがわかります。


こんな出産トラブルがある!

どういった出産トラブルがあるかというと、


  • 微弱陣痛
  •  
  • 児童骨盤不均衡 
  •  
  • 回旋異常 
  •  
  • 臍帯巻絡(さいたいけんらく)
  •  

と代表的なものでもこれだけあります。


微弱陣痛は、陣痛が起こりにくい体質のことで、陣痛促進剤を打ちますが、人工的に陣痛を起こすので痛みに耐えられない場合もあります。


児童骨盤不均衡は、ママの骨盤を赤ちゃんの頭が通れない時に起こり、帝王切開になります。


予定帝王切開の場合はいいですが、緊急帝王切開の場合だと痛みが2倍。


大変です。


また、臍帯巻絡は、へその緒が赤ちゃんの首に巻きつき起こります。


事例はもっと他にあり、出産トラブルだけでも色んなことが起こる可能性があるんです。


出産トラブル こんな事例が

出産トラブル になったら

4ヶ月の切迫早産の期間中、身体の調子のいい日は、パジャマのまま産婦人科の病棟を散歩したりしました。


すると、赤ちゃんだけでなく、お母さんのほうも産後になかなか出血が止まらなかったり、高熱が続く人がいて他院からの転院の人がいたことを知りました。


いわゆる出産トラブルの事例です。


総合病院だと、私のような切迫早産の人はもちろん、双子妊娠、高齢出産の人も受け入れています。


周囲が、妊娠中、出産後も何のトラブルも全くないという人はほとんどいなかったからか、総合病院ならあらゆるトラブルに対応できる=安心とイメージがあり、私もそのまま総合病院で産みました。


トラブルが予想されるからこそ、総合病院で出産されているのかもしれません。


もし、赤ちゃんにもお母さんにも何のトラブルもないのであれば、個人病院で十分だと思いますが、総合病院だと、どんな場合にもすぐに対応してもらえるので、その点では安心だと思います。

筆者情報
筆者IMG
■SKHN:カンナママ
女の子のママです。おてんば娘で育児が大変!

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
みんなにシェアしてみないか

新着赤ちゃん記事に関する記事

安産

目指せ安産シリーズ!・・・

目次 安産に向けてママができること~HN・・・

「ながら 」美容

「ながら」美容で楽々・・・

目次 ながらスキンケア お風呂タイムで・・・

乳児湿疹

乳児湿疹対策!こども・・・

目次 ベビーパウダーは必要?赤ちゃんの乳・・・

無痛分娩

出産は無痛分娩で!本・・・

目次 無痛分娩を選択した実体験からのアド・・・

サボリーノ

サボリーノは妊娠後期・・・

目次 サボリーノとは?時短スキンケアがで・・・

切迫流産 体験

切迫流産体験記!あん・・・

目次 切迫流産って何? 切迫流産なんて・・・

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群って・・・

目次 妊娠高血圧症候群って?産後も続くの・・・

抱っこ 派?おんぶ派?

抱っこ派?おんぶ派?・・・

目次 抱っこもおんぶもするけれど、しいて・・・


シェアしてママの輪をつなごう

出産に関する記事

不妊治療

不妊治療での妊娠!大・・・

目次 不妊治療の病院がとても混んでいる ・・・

私の徹底した妊活について

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 徹底した事①身体を温める! 徹底・・・

不妊の一番の足枷…わたしの場合

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 子どもが欲しくて結婚 一番妊娠し・・・

いざ、不妊治療へ!

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 甘くはなかった不妊の「初治療」 ・・・

男性不妊を乗り越え自然妊娠へ

男性不妊を乗り越え自然妊娠へ

不妊歴6年を経て7年目に自然妊娠しましたが、結果的・・・

元気でいてくれてありがとう

元気でいてくれてありがとう

目次 妊娠発覚 突然の出血 喜びから・・・

切迫流産だった?ヒヤヒヤ過ごした10ヶ月

切迫流産だった?ヒヤ・・・

目次 妊娠初期に出血が! 安定期に入っ・・・

出産前にやっておきたいこと

出産前にやっておきたいこと

もうすぐ、いや来週ぐらいに3人目を出産予定のアラサ・・・

今月の人気記事

生後5ヶ月

妊娠16週~19週 (妊

生後7ヶ月

妊娠24週~27週 (妊

生後6ヶ月

妊娠20週~23週 (妊

生後8ヶ月

妊娠28週~31週 (妊

パンしか食べない息子の日々

パンしか食べない息子の日

36時間出産レポート

36時間出産レポート

乳児湿疹

乳児湿疹は赤ちゃんの顔に

カナダでのびっくり出産体験

カナダでのびっくり出産体


36週で逆子がなおった!
パンしか食べない息子の日々
36時間出産レポート
目指せ安産シリーズ!ママ

ママに「シェア」してほしいのだ
スポンサードリンク
まさに必っ死!!
まさに必っ死!!
高齢出産の体験談▲高齢出産の体験談
今月の赤ちゃん大募集!応募はこちら
今月の赤ちゃん
神奈川県の龍臣(たつおみ)ちゃん
神奈川県の龍臣(たつおみ)ちゃん
おめめクリクリムチムチボーイ
イベント・行事エピソード
赤ちゃんあるある
歯磨き特集
すくカレキャラクター紹介▲赤ちゃんのイメージをキャラクターにした「すく坊」や「ダン坊」などつくしの赤ちゃん仲間のご紹介!
育児グッズ

抱っこ派?おんぶ派?自分はこっ..

子供の母子手帳ケースはどうする..

ベビー用品レンタルせずに購入し..

兄弟コーデ&親子コーデ!リンク..

子供にとってお風呂は楽しい遊び..

お風呂を楽しくする我が家の魔法

アラフォー母さんのお風呂奮闘

アラフォー母さんの冬におススメ..

離乳食
海外の子育て
ベビーサイン▲ベビーサイン
お役立ちデジタルコンテンツ▲便利で使えるアイテムを作ろう。
ジョナサンの成長日記▲新生児を1歳になるまで追いかけて取材しました。一年間の軌跡を綴った成長日記は毎月のようにドラマが…。これからママになる人も見てほしい幸せになるストーリー!
ダン坊のミルク集め

アプリ名:ダン坊のミルク集め
●価格:無料
●現行バージョン: iOS 1.0.3

アプリの詳細についてはこちら

RSSを購読▲RSSリーダーで手軽に新着情報GET!!
すくママラインスタンプ販売中▲ママ必見のすくママスタンプ。妊娠したら使いたいママの行動をバッチリ表現。ママには必見のスタンプなのです。
すく坊と仲間達のラインスタンプ販売中▲すくカレのキャラクターすく坊と仲間達のラインスタンプ発売中、つくしのよう精がLINEのトークを盛りあげてくれるよ。