掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
お食い初め~我が家は形式にのっとって正式な形で

お食い初め~我が家は形式にのっとって正式な形で

お食い初めとは、平安時代から行われていて、乳歯が生え始めることにする儀式で、赤ちゃんが生まれてからちょうど100日目に行う、子供が一生食べ物に困ることがないように願う儀式のことです。


地域によっては110日目120日目にお祝いするところがあります。


我が家も100日目にお食い初めを行う予定でしたが、その日が仏滅だったので翌日に変更して行いました。


最近では核家族化が進んでいることもあり、家族だけでお食い初めをする家庭も増えているようですが、我が家では初めての赤ちゃんなので、私の祖母の家で親戚を招き、盛大にとり行いました。

お食い初めの基本形式


お食い初めの準備として、本当は漆器などを用意すると良かったのですが、日常でも使えるように、子供用の食器セット(リッチェルの食器やすり鉢等がセットになったもの)を購入しました。


お膳の内容は「一汁三菜」尾頭付きの魚を用意するのが基本。


我が家も例にならって料理を準備しました。


鯛の塩焼き、筍の煮つけ、ハマグリのお吸いもの、香の物として、皺ができるまで長生きできるように梅干し。


また、丈夫な歯が生えますようにと歯固めの石も用意しました。


歯固めの石は氏神を祀る神社におことわりをして、境内の物を一つ拝借してきました。


大人数を招いての食事なのでこのほかにもお寿司、揚げ物などが食卓に並びました。


お食い初め・皆でお祝い

お食い初め 皆でお祝い

我が家はは男の子なので、男の年長者である祖父に3回食べさせる真似をしてもらいました。


やり方は「御飯→吸い物→御飯→魚→御飯→吸い物」の順に三回繰り返すのが正式なやり方なのですが、飽きてぐずぐずになってきてしまったので適当にささっと済ませてもらい、最後に歯固めの石を噛ませました。


食べ物を口に近づけると苦虫を噛み潰したような表情を浮かべる息子でしたが歯固めの石をとても気に入ったようで喜んで吸っていました。


お祝い膳は大人たちで美味しくいただき、久々に身内が集まったということもあり息子が寝静まってからも宴は続き楽しい思い出となりました。


後日、歯固めで使用した石を神社にお返しし、息子と夫婦できちんと参拝をして神社の方にお礼をしに行きました。


こうして我が家のお食い初めは無事に終わり心なしか息子も食べ物に少しずつ興味を持つようになりました。

お食い初めに招待されたら

お食い初めの鯛

ここで参考までに述べさせていただきますが招待した身内からお食事代としてお祝いを頂きました。


表書きには「箸ぞろえ」「お初膳御祝」としてあり金額としては5000円が包んでありました。


目安は祝い膳の金額になりますが、現金ではなく、まだ揃えていないベビー用品でもいいでしょう。


この場合、重複するといけませんので、事前に欲しいものを確認するようにしましょう。


もしご招待を受けた場合はこれを参考にしてみてください。


生き物にとって食事は欠かせないことなので大事なお子さんのためにみなさんもぜひ行ってみてください。

正式なお食い初めの方法

正式なお食い初め の方法

正式には男の子の食器は素焼きの朱塗り女の子だと外が黒塗りで中が朱塗りの食器を使います。


お箸は祝い箸と言って、両端が細くなっている柳製のお箸を使います。


料理は鯛の尾頭付き、お赤飯、お吸い物、煮物、香の物になります。


歯固めの石は、お宮参りの際に神社でもらうことも多いですが、もらえなかった場合は、我が家のように神社でお借りしてきてもいいでしょう。


友人家では、お宮参りの際に、お食い初めの食器のセットをもらったそうです。


赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をするのは年長者が行い、男の子には男性、女の子には女性が行います。


食べさせる順番

お赤飯→お吸い物→お赤飯→鯛→お赤飯→お吸い物

この順番で食べさせる真似を3回繰り返したあと、歯固めの儀式を行います。


歯固めの石に軽く箸をつけ、赤ちゃんの歯茎にあてながら


「石のように丈夫な歯が生えるように」


との願いをこめながらチョンチョンとあてます。


石の代わりに固い栗を使う地域もあるそうですよ。


これが正式なお食い初めの方法です。


料理を細かく準備するのが大変!なんて考える人には、お食い初めセットがネット通販で手に入りますので、利用するのもいいかもしれません。


鯛が尾頭付きじゃなければいけないのは?

お食い初め に招待

お食い初めに限らず、お祝い事になると鯛の尾頭付きがテーブルに鎮座します。


どうして鯛の尾頭付きなのでしょうか。


鯛はめでたい魚とされ、神様に献上する意味があるため、切られていない状態が良いとされています。


頭から尾までそろっている鯛は高級魚で、冷蔵庫の無い時代には滅多に食べられない魚で、特別なものでした。


ですからお祝いなどの特別な時にだけ、尾頭付きにして、最初から最後までまっとうするという意味を込め、ありがたく頂く魚なのです。


スーパーでも滅多に見かけませんが、前もって注文を入れておくといいでしょう。


地方によっては鯛ではなく、尾頭付きの違う魚を使う場合があります。


鯛が手に入らなかったら、違う魚で代用しましょう。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク