掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
発熱

発熱 !?赤ちゃんの急な発熱に慌てないための原因と対処法!


発熱 で赤ちゃんがぐったり……。


初めての発熱で夫婦で大慌て……なんてこと、珍しくありません。


赤ちゃんの発熱は心配になるのが当たり前ですが、


元気がある場合は、赤ちゃん特有の突発性発疹かもしれません。


赤ちゃんの急な発熱。慌てないで!

赤ちゃんは急な発熱をすることがあります。


お母さんとしては赤ちゃんが苦しむ様子を見て不安になってしまうところです。


まして、初めての発熱となると尚更でしょう。


まずは冷静になって対処していくということが前提となります。


そして、急な発熱 があった際に、それ以外に嘔吐や下痢など発熱以外のことがおきているかどうかを確かめることも原因を探る意味合いとしては必要になります。


また、赤ちゃんが生後どれくらいなのかということも大事になるため、それに合わせて対処法も変わります。


発熱の原因は?

急な発熱

人間には細菌やウイルスから体を守るために働く免疫が存在しますが、赤ちゃんはこの免疫がまだ発達していない状態です。


そのため、生まれる前からお母さんを通じて抗体を受け取ることになります。


この抗体は免疫が成長するまで赤ちゃんの身体を守ってくれ、その後は免疫が徐々に成長し、ウイルスなどと戦う過程で強くなっていきます。


急な発熱は身体の防衛反応によるもので、免疫を成長させてくれます。


免疫が徐々に成長するのが生後半年以降と言われていて、それより手前の段階で高熱を出すとかなり注意が必要です。


特に生後3ヶ月以内の赤ちゃんは免疫がまだ育っていないため、発熱したらすぐに病院に行かなければなりません。


我が家の赤ちゃん、初めての発熱体験

1人目の赤ちゃんの場合、新米ママはありとあらゆる育児雑誌育児書を読み漁ってきたのでは?


自分もそんな中の1人でした。


頭でっかちになって知識だけが頭に入り、いざそのときになるとスッポリ抜けてしまって慌てることも多いですが、初めての発熱に関してはあわてずにやり過ごすことができました。


ママからもらった抗体がなくなる頃に発熱することが多いと雑誌で読んでいましたし、発熱が治まると共に発疹が出る、突発性発疹で初めての発熱を起こす事が多いと知識として頭に入っていたからです。


発熱しても機嫌が悪いわけでもなく、熱が下がると共に発疹が出たので、逆に、「これが突発性発疹か~」と関心したくらいです。


慌てずに、気持ちに余裕を持つことでしっかりと看病し、様子を見ることができました。

スポンサードリンク

発熱以外に嘔吐の症状がある場合は?

発熱 の原因

赤ちゃんが発熱以外に嘔吐をした場合ですが、嘔吐の場合には食事を与えても吐いてしまうため、続いている場合には水分補給を中心にすることが大事です。


赤ちゃんの吐瀉物が喉に詰まることも考えられるため、赤ちゃんを横向きに寝かせてあげなければいけません。


吐いた後は、口の中に残っていると更に嘔吐を誘発することがあるため、口の中から取り出してあげましょう。


熱も高いため、水分が失われやすい状況であることから、少しずつ水分補給をしていくことが大事です。


発熱以外に下痢の症状がある場合は?

発熱 したら

発熱と共に下痢をしている場合、この場合も水分が失われやすいため、水分を与える必要がありますが、胃に負担のかかるものは避けましょう。


ジュース系やミルクなどもこの場合は与えない方がいいでしょう。

ミルクを薄めて飲ませて胃の負担を小さくすることや、白湯やイオン系の飲料などを飲ませることが求められます。

瓶に入ったイオン系飲料がありますので、ストックしておくといいですね。


おむつをしている場合には下痢によって肌への刺激が強いために、おむつかぶれの原因にもなってしまいます。


おむつはこまめに取り替えてあげなければいけませんが、お尻拭きでゴシゴシこすると肌が荒れてしまい、これもかぶれの原因になります。


ポイントはお尻をよく乾燥させてあげるのが大事ですが、発熱しているので、乾燥させるためにいつまでもお尻をむき出しにしているのはやめましょう。


赤ちゃんが生まれて初めて高熱を出したときはまずは病院に行くことが大事です。


特に、徐々に症状が悪くなっていったり、始終うとうとしている、顔色が悪い、熱が下がっても具合が悪そうなど、様子を見る場合でも少しでも異常が見られればすぐに病院に行くなどの対処が必要です。


泣いていてもあやすと機嫌が治る場合や、症状が発熱だけでいつも通り元気が良い場合などは、自宅で様子を見てもいいでしょう。


もちろん、水分補給だけはしっかりと行いましょう。


赤ちゃんに限らず乳幼児でも、急な発熱で痙攣を起こす場合がありますので、注意が必要です。


熱性痙攣を起こした場合は、早急に病院を受診しましょう。


知人のケースですが、高熱が出て病院を受診している最中に熱性痙攣を起こし、そのまま入院になったケースがあります。


痙攣を起こしたのが病院でよかった。自宅だったらどうしていいのか分からなかったと言っていました。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク

Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 7165714 bytes) in /home/scsolutions/www/sclbaby.jp/wp-includes/wp-db.php on line 1985