掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について

節分 の工夫~オニなし!去年の節分 はこうやってやってみた 

節分 って小さな子供のいるご家庭はどうやってやっているんでしょうか。


我が家では、幼児番組のオニを怖がる子供がいます。


番組にオニが出たらソファの後ろに隠れて様子をうかがいます。


オニがテレビからいなくなるまで動きません。


そういえば、恐竜の鳴き声のするアトラクションも怖がっていたっけ……。


テレビの中のオニでこうなので、節分 で家の中でオニを出現させてしまうと怖くて泣きわめくのではないかと思いました。


そこで、去年はオニなしの「子供用スペシャルバージョン」節分 でした。


これが節分 の恵方巻き!

節分 の恵方巻き

吉方位に向かって、太巻きを食べると福が訪れる「恵方巻き」。


子供がいない頃は、太巻きを買って毎年行っていました。


ただ、子供はお寿司も食べるか食べないかわからないくらいの食べムラがある子供です。


親がお寿司を好きなので、100円寿司などのお寿司デビューは早かったものの、食べられるのはもっぱら「うどん」。


枝豆やポテト、からあげなど、お寿司以外のサイドメニューの方が好きです。


子供が好きそうなコーン軍艦やたまごはもちろん、生魚のまぐろやサーモンは一切見向きもしません。


唯一食べられるのが細巻のねぎとろ。


そんな子供に合わせてスーパーで売っている細巻を準備しました。


しかも一口大に切って食べやすいようにしています。


これでも一口食べて終了でした。


あんまり意味のない恵方巻きでした。


きちんと1本食べきれる日はいつかな……?ちょっとずつ食べられるようになろうね、と言っています。


節分 の豆も「落花生」にして

節分 の豆に落花生

子供たち、豆も大豆を食べさせたことはなく、多分、食べません。


食べ物の好みがあるからこそ、大豆を買っても食べなくなってしまうのではと「落花生」にしました。


これなら余っても、パパのおつまみとして、ママのおやつとして消費できる!と我ながら「ナイスアイデア」!


調べてみると、北海道地方では、節分 に落花生を投げる風習の地域もあるそうです。


落花生は殻つきだから、「鬼は外!」と投げて床に落としても殻が汚れるだけで中は汚くならないので効率的です。


これも子供仕様にしてみました。


落花生の殻を割るとピーナッツが出てくることに子供たちは驚きます。


アーモンド小魚でピーナッツを食べたことのある子供たちは、ポリポリとおいしそう。


この作戦、成功です!


節分 はプチパーティー?

節分 パーティー

節分 は季節の境という意味。


豆まきをしたり、恵方巻きを食べたり、正式な儀式として取り入れたかったものの、明らかにムリそうだったので、去年は子供用にして取り入れてみました。


食卓にはポテトチップを用意して、ジュースを用意して、お菓子を食べながら楽しく節分 。


本来の意味の節分 は違うような気もしましたが、春の訪れを喜ぶ意味では一緒と考えてもいいでしょうか。


こんなお祝いの仕方も“まあよし”としています。


来年、幼児番組のオニを怖がらなくなったら、“オニのいる”節分 デビューをしよう!そう決めています。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク