掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について

節分 のアイデア 子供が小さいけど豆まきってどうやる?

親子で節分 。

親がオニになって「やめて~」と言いながら子どもに豆をまかせるほのぼのしたイベントです。

ただ思うのは

子供って大豆を食べますか?

偏食の我が子は、大豆のポリポリした食感がキライ。

それは去年の節分で理解しています。

今年はどうやってやろうか、悩んで計画をしているところです。

大豆の代わりに買ってきました!節分 はコレ!

節分 の豆代わり

去年の節分、とりあえず大豆を買っておきました。

スーパーに売っている節分用の豆です。

オニのお面もセット販売になっていて、これで準備万端と思って「ヨシ!」と思っていたものの、子供はよく理解できなかった様子。

ママが「豆をまいて」と言ってもきょとんとしています。

ママがお手本を見せてまくと、床の豆を拾ってくれました。

「拾ってくれてどうもありがとう!」

……って違う違う!!

そして、肝心の豆を年齢分の個数食べるのも、口の中に入れて「何コレ?」と吐きだします

大豆は固いので食べ物じゃないと思ったようです。

実はママもそんなに好きじゃない大豆。

結局、余ってしまいました。

そこで、今年は、きなこがついたおつまみ風の豆を買ってみました。

これならおいしいかな。

誕生日が近いので節分=誕生日?

節分 と誕生日

子どもの誕生日、節分に近いです。

そのため、親子でのイベントとして重要なのは誕生日の方。

義理の両親を招いてパーティーをするので、準備も誕生日の方が大がかりかもしれません。

本来、節分のような季節を感じる行事を大切にしていきたいところですが、まだまだ太巻きを1本食べることもできず、豆もそこまで好きじゃなく、誕生日のケーキやプレゼントの方が子どもにとっては重要のようです。

もしかすると、大きくなっても節分よりも誕生日の方が大切なイベントなのかもしれない……。

この点はとても心配ごと。

ケーキは、その年ごとに「何にしよう?」と悩んで決めています。

今年はインターネットでおとりよせみたいにして買ってみました。

スイーツ好きなママも、実はケーキを何にしようか迷っている時間が楽しかったりします。

絵本で叶える「節分」

絵本で節分

誕生日の方が重要なイベントと思いがちかもしれませんが、ただ、やはり節分って何なのかを教えていくのも親の重要なしごと。

私は絵本で節分を教えていこうと考えています。

小さい頃から図書館の絵本の読み聞かせイベントに行っていました。

私自身が本好きだったこともあって、訪れる頻度は多かったのですが、読み聞かせイベントが無料だったりと家計にも助かるくふうがされている図書館っていいんですよ!

親が説明しづらいテーマも絵本だとわかりやすく説明されていたりしますよね。

絵本で、お正月は何をするかをテーマにしたものや、図書館で借りたオニをテーマにしたもの節分をテーマにしたものがあったので借りてみたりして、読んでいます。

まだ、オニは何か、節分は何かを理解してはいない様子の子どもですが、大豆がキライだとしても節分の行事のような歳時記を省略せずに大切にしていきたいです。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク