掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について

ベビー用品レンタルせずに購入したもの

ベビー用品を業者にレンタルした物、現在子供は1歳になりましたが、今のところありません。


知り合いに借りたものでは絵本や離乳食本があります。


出産準備中では、レンタル用品 のパンフレットを見てレンタルする検討はしましたが、今は一人目ですが、これから二人目と続くことを考えるとレンタルせずに購入した方がいいと考えたからです。

購入したベビー用品

ベビー用品 :バスグッズ

臨月の頃にベビー用品 専門店に行き、布団と枕のセット、大きい物ではベビーベッド、チャイルドシート、ハイアンドローチェアを購入。


他には沐浴用のベビーバス、哺乳瓶や消毒ケース、ミルクやオムツもまとめ買いをしました。


また、抱っこ紐や肌着、服や靴下など、赤ちゃんが生まれてから必要になるだろうと思うベビー用品 を揃えました。


特に、大きいものを購入する際にはかなり悩みました。


悩んで購入しただけあり、かなり重宝して使うことができました。


ベビー用品 :チャイルドシート

ベビーベッド

ベビーベットは組み立てに時間がかかりますし、使わなくなった後の置き場所を等と、いろんな事を考え、木製で小さめサイズのベビーベッドを購入する事にしました。


使ってみると赤ちゃんを寝かせる部分が床や畳から離れているので、埃やゴミから回避できるので大変役立ちました。


ですが、オムツ替え等でかがむ姿勢をする事も多く、小さめサイズだったため腰に負担がかかることもあり、高さがある物を選ぶべきだったと思います。


子供が6か月頃には寝返りも上手くなり、動きも活発になってきたので、ベビーベットにで寝かせる事を辞めました。


生後半年でベビーベッドを使わなくなるとは思っていませんでしたので、第二子のことを考えても、レンタルすればよかったものかもしれません。


チャイルドシート

チャイルドシートは、車に子供をのせる時に使用が義務付けられているため、何年も使う物になるので、車を所有している家庭では、なくてはならないベビー用品です。


シートが回転できたり、日よけがついている機能性を重視した物を選びました。


よく考えて購入したこともあり、乗せる時やおろす時に余計なストレスを感じず、快適に使用できています。


ハイアンドローチェア

ハイアンドローチェアは、低くしている時はゆりかごのように手で動かし、左右緩やかに動いてくれるので、抱っこしなくても簡単にあやす事ができましたし、眠らせる時にも重宝しました。


今では高くして、離乳食の時に使用しています。


これからも椅子として長く使えるので、購入して良かったと思います。


抱っこ紐

抱っこ紐に関しては、一万円ほどの物を選びました。


首が座った頃から抱っこをする時によく使っているのですが、最近ではビョルンやスリングを使う人も増えていますね。


自分は抱っこもおんぶもできる抱っこ紐を購入しました。


外出するときには抱っこで、家事をするときには両手を使えるようにおんぶで。などと使い分けができてとても便利でした。


紐だけのものではなく、装着した後に固定する器具がついているものは、あらかじめ紐の長さを調節しておかなければ、つけてからでは調節できません。


ベビーカー

ベビー用品 :ベビーカー

5か月を過ぎてからはB型のベビーカーを買いました。


初夏の時、抱っこ紐で散歩させていると、赤ちゃんと密着しているのでとても暑くて大変でしたが、ベビーカーに乗せてからはそれがなく反対に出かける先の選択肢が増えました。


赤ちゃんも外の景色が見やすくなったので、買って良かったと思っています。


ですが、後ろの車輪が片方動かなくなるトラブルもあったり、段差に気をつけないとベビーカーが前方に傾いたりしたので、気をつけて使用する事が必要だと思います。


気をつけなければいけないのは、普段歩いている速度でベビーカーを押さないことです。


車椅子に乗ったことがある人であれば分かると思いますが、普通に歩く速度で押されると、乗っている方はかなりのスピード感で恐怖を感じてしまいます。


ゆっくり押すのがポイントです。

スポンサードリンク

ベビー用品をレンタルした方がいいもの

ベビー用品 :B型ベビーカー

自分はベビー用品 をレンタルしませんでしたが、中にはした方がいいものもあると思います。


必要なベビー用品 と判断したので購入しましたが、これは使うかな?もしかしてずっと使わないかも・・・というものはレンタルした方がいいでしょう。


結局使わなかったのでレンタルも購入もしませんでしたが、クーファンは使用する時期も短いので、レンタルをおすすめします。


我が家ではB型ベビーカーを購入しましたが、A型ベビーカーを使いたい場合もレンタルをお勧めします。


赤ちゃんを寝かせたままのせるベビーカーで、対面式にして押すこともできますが、B型ベビーカーに比べて重さもありますし、使える期間も短いため、購入するよりもレンタルした方がいいのではないでしょうか。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク

Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 12657420 bytes) in /home/scsolutions/www/sclbaby.jp/wp-includes/wp-db.php on line 2801