掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
手足口病

我が家の手足口病体験談&パターン別体験談

手足口病と言えば、例年夏に流行する夏風邪の一種。

2017年の夏は各地で大流行しました。

夏に流行するからといって他の季節でかからない訳ではありません。

我が家には、4歳と2歳の子供がいるのですが、遅ればせながら流行にのり、9月中旬に感染、発症しました。

はじめに、幼稚園に通う上の子が発症し、3日後に下の子が発症。

兄弟がいると、時間差で発症するのはよくあることですが、なかなかの強敵でした。

今回は、我が家の手足口病体験談をご紹介します。

手足口病ってどんな病気?

手足口病 って?

手足口病とは、その名の通り、手足や口の中に発疹ができる病気です。

口の中にできると痛みがあるので、食事や水分補給がしにくくなります。

コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型などが原因となり発症します。

原因となるウイルスが一種類ではないので、複数回感染することがあります。

兄弟でも違う手足口病の症状

手足口病 の症状

我が家では、上の子が先に発症、下の子にうつりました。

同じウイルスのはずなのに、二人の症状はかなり違っていました。

第一子の場合

第一子の主な症状は、ひどい発疹でした。

最初に気づいた症状は、38度台の発熱。

鼻の頭やひじの内側に発疹があるも、いつもの汗疹ではという話になり、まずはのどが赤いので、溶連菌とアデノウイルスの検査を受けました。結果は陰性。

再度全身を確認すると、いつも汗疹ができてしまう部分以外の膝や手の甲にうっすらと発疹が出始めていることがわかり、手足口病と診断されました。

上の子は、肌が弱く、汗疹ができやすいために、手足口病の発疹に気づきにくかったのです。

解熱とともに発疹の量が増え、お腹と背中以外のほぼ全身に広がりました。

通常は手足口病の発疹はかゆみ等はないそうですが、あまりにひどい発疹のため、むずがゆさがありました。

かきむしると傷が残るかもしれないということで、かゆみを抑えるための薬を処方してもらいました。

ひどかった発疹も自然と消えたのですが、手のひらと足の裏は、皮膚が一枚めくれました。

そして、発症から1か月経つ頃には爪がはがれてきました。

発疹が消えてからも手足口病の影響が長く残っており、ウイルスの強さを実感しました。

第二子の場合

下の子の主な症状は発熱でした。

通常、手足口病では高熱や長く続く熱はない、と言われているのですが、下の子は39度後半の高熱が出ました。

翌日には解熱し、発疹が目立ってきました。

とはいえ、上の子ほどひどい発疹ではなく、のどに4つ、お尻にぷつぷつ、腕から手、ももから足にかけてところどころ発疹が出た程度。

皮むけと爪の剥がれも数か所でおさまっています。

幸い、我が家での流行は子どもたちだけで収まりました。

大人に感染するとひどくなりやすいといわれているので、看病される方はご注意くださいね。

我が家の手足口病のまとめ

毎年、夏に流行ることの多い手足口病。

突然の発熱や、発疹には、驚かされます。

ほとんど体への発疹は出ず、口の中だけということもあるようなので、気になる症状があったら、小児科に。

次からは様々なパターン別の手足口病体験談です。

手足口病:軽度のケース

軽度の手足口病

赤ちゃんの手足口病は軽症の場合、見逃してしまうリスクもあります。
我が家でも生後半年の赤ちゃんが手足口病に感染しました。

はじめはアトピー系の湿疹を疑い、内科で塗り薬をもらって治療していましたが、改善が見られず内科・皮膚科と病院を転々としました。

最終的に地元で定評のある皮膚科で手足口病の診断をもらいました。
熱もなく元気だったため、発見が遅れてしまいました。

発熱もなく元気な場合、手足口病と診断されないケースですね。

口の中にも発疹があると比較的診断がつきやすいのかもしれません。

スポンサードリンク

保育園で手足口病が流行

手足口病 の流行

我が子がまだ赤ちゃんだった時に手足口病にかかりました。
初めはこの赤いポツポツは何だろうと思っていたのですが次の日に赤いポツポツが増え、熱はあるわで病院へ。
診断結果は手足口病でした。

保育園でも何人かの赤ちゃんがかかっていると聞いたのでもらってきたのでしょう。
お薬を飲んで4日目には治りましが可哀想でした。

こどもがまだ10か月の赤ちゃんのころ、保育園の一時保育を利用した際に、手足口病に感染しました。

最初は赤ちゃんによくある風邪かと思い、多少熱はあるものの、高熱ではなかったため、しばらく様子を見ていると、あまり離乳食を食べたがらず、授乳も嫌がり、手や足に発疹が見られたので受診しました。
熱は大したことありませんが、手足口病ならではの発疹は治るまで時間がかかりました。

息子がまだ赤ちゃんの時に手足口病にかかりました。

当時は保育園に通いたての頃で、周りの赤ちゃん達に流行っているのは知っていました。
外出の際のショッピングカーや手洗い等は気をつけていたのですが……。

みるみる全身に手足口病特有の赤いポツポツが。
とても痒そうに見えるのですが、痛かったり痒かったりしていなかったのが救いでした。

子供が保育園で他の赤ちゃんから手足口病をもらって来ました。
幸い軽症で、私には感染しませんでした。

ところが夫が発熱し、喉が痛いと言い出し、手に水ぶくれができ始めたので、もしやと思い受診したら手足口病との診断。
夫は子供の世話をしませんし、他の赤ちゃんにも触れていないにも関わらずです。
とにかく手が痒くて痛くて大変そうでした。
どこで感染したのか今でも疑問です。

手足口病に限らず、抵抗力の弱い赤ちゃんや幼児の通う保育園では、病気が流行しがちです。

手足口病の感染経路は、接触感染、おむつ替えなどの際に感染する糞口感染の他、飛沫感染もしますので、最後のケースのように赤ちゃんの世話をしなくても、飛沫感染でうつってしまう場合があります。

手足口病は口の中の発疹で不機嫌に

手足口病 の発疹

うちの娘がまだ10ヶ月の赤ちゃんの時、手足口病にかかってしまいました。

保育園で広めるわけにもいかないので3日も会社を休んで看病しましたが、赤ちゃんにとって何日も自宅安静はとてもストレス。
手足口病の症状と外に出て遊べないムズムズで終始機嫌が悪く、本人がつらいのはもちろんですが看病する側の私もげっそりしてしまいました。

息子が1歳の赤ちゃんの時に手足口病にかかりました。
熱が出て風邪かなと思いつつ病院に行くと口の中にしっかり水疱が出てたようで手足口病と診断されました。

赤ちゃんの場合、口の中が痛くて水分が取れなくなるといけないからと、点滴もしてもらいました。
まさにその通りで、熱は早々に下がったのですが、口の中が痛くて全然食べれない飲めないで、機嫌もかなり悪かったです。

先日、生後7ヶ月の赤ちゃんが手足口病にかかりました。
うちの子の場合は熱はなく、離乳食が食べられなくなり、ほとんど飲まなくなっていた母乳しか受け付けなくなりました。

機嫌が悪く、ぐずぐずが続いていたので病院を受診したところ、手足口病と判断されました。
手足口病は保育園や幼稚園に通う子がなるものだと思っていたので、赤ちゃんもかかると知って驚きました。

1歳前の赤ちゃんが手足口病にかかると、口の中の発疹の痛みで不機嫌になってしまいます。

痛いと言葉で伝えられませんし、赤ちゃんは痛みに我慢することもできません。

水分も摂れなくなる場合がありますので、脱水症状には十分注意が必要です。

重度の手足口病

重度の手足口病

息子が1歳半の頃、まだ赤ちゃんだった姪っ子に会いに姉の家に連れて行きました。
小さい赤ちゃんに興味津々でちょっかいを出したりして遊んでいたのですが、その翌日、姉から「うちの子手足口病だったみたい」という恐怖の連絡が。

案の定、息子も数日後に手足口病と診断され、食べ物も喉を通らず痛がって大騒ぎでした。
病気を移す・移されるはお互い様なので仕方ありませんね。

二男が生後10ヶ月でまだ赤ちゃんの時に手足口病になりました。
赤ちゃんはあまり酷くならないと聞いていましたが二男はアレルギー等があり皮膚が弱かったせいか、顔も腕も足も驚く程沢山ぼつぼつとできてしまいました。

小児科の先生も驚いて感染症を起こさないようにと抗生物質を出してくれて、薬剤師さんには手足口病でこんなに酷い子初めて見ました。と言われました。
瘡蓋の時期は色も目立つし道行く人に見られましたが、痕も残らず綺麗になったのでホッとしました。

今年の夏、小学生のお姉ちゃんから下の赤ちゃんへ手足口病がうつってしまいました。
上の子はそんなにひどくなかったのに対して、やはり免疫のない下の赤ちゃんはお姉ちゃんに比べてひどかったです。

手足口病は名前の通り手足にブツブツが出来ると同時に口の中までもブツブツが出来てしまって、それが痛い様でヨダレはずっと垂れっぱなし、ミルクもダメ、離乳食を食べたりするのも嫌がり、結局治るまでの数日間あまり出ない母乳をずっとくわえていました。
本当に可哀想でした。

手足口病も重度になると、発疹も多く、口の中の発疹の痛みも相当で、何も喉を通らなくなってしまいます。

これが、言葉を話せない赤ちゃんが重度となると、本当にママは可愛そうでいたたまれないでしょう。

帰省前・帰省中の手足口病

帰省中の手足口病

3人目を出産した後、少し気分転換にと家族旅行を計画していました。
赤ちゃん連れだったので、病気にかかりにくい夏場に近距離で旅館を予約し、「さあ出発!!」と思ったら、なにやら赤いブツブツが……。

小児科に診てもらったところ案の定、手足口病でした。
そう、手足口病は夏場赤ちゃんに感染しやすい病気なのです。
すぐに旅行はキャンセルしました。
キャンセル料は痛かったですが、旅館からプリンの詰め合わせをいただいたのはうれしかったです(^^♪

旅行のキャンセルは残念でしたが、赤ちゃんにとっても周囲の人にとっても正しい選択だったと思います。

息子が赤ちゃんの頃、手足口病にかかりましたが診断されませんでした。
帰省中、発熱があり、少し発疹が見られたので 実家の近くの小児科へ。
手足口病では?と思い相談しましたが風邪との診断。

保育園で手足口病の赤ちゃんと接触した恐れがあったので、帰省中は家で安静に過ごし、家に戻った時には症状がなくなっていましたが、かかりつけ医に状況を説明するときっと手足口病だったでしょう、と。
後日知り合いの医師にも写真を見せると手足口病で間違いない、と言われました。
受診のタイミングで見落とされる事もあるのかもしれません。

症状が軽く、風邪と診断されたケースです。

かかりつけ医だと日頃から診てくれているので、診断がついたかもしれませんね。

夏休みに帰省する日の朝、1歳間近の赤ちゃんが急な発熱。
小児科に行くと、手足口病と診断されました。

帰省できないのかと半泣きになっていると、「手足口病はかかったら安静にするだけ。飛行機にのったり小さい赤ちゃんに接触しなければ、帰省してもいいですよ」と言われて予定通り帰省できました。
幸い熱以外の症状は軽く、本人も私たちものんびり夏休みを楽しめました。

手足口病の感染経路を把握していれば大丈夫といケースですね。

車での移動だったのでしょうか。

家族にも感染しなかったようなのでよかったですね。

息子は1歳3ヵ月の赤ちゃんの時に手足口病にかかりました。
その名の通り手・足・口にブツブツができるので有名ですが、息子は実家への帰省を予定していた日に微熱があり、念のため小児科を受診すると手足口病だと発覚。
医師に指摘されて初めて、手と足に少しブツブツが出来ていることに気付きました。

ブツブツの膿の部分に触らなければ他の人にうつすことはないと言われ、帰省も許可してもらいました。
帰省先では、他の子供や赤ちゃんには近付かないように気を付けましたが。
親にもうつることなく、軽度ですんでくれました。

膿の部分に触れないだけではなく、飛沫感染もしますので、その点はご家族が気をつけていたようなので安心ですね。

大人の手足口病・妊娠中にも!

大人の手足口病

赤ちゃんの時、一歳代の時に息子が手足口病になりました。
名前がこわそうだったので、医師から診断を受けましたが、手のひらとかかとに少し赤いぶつぶつが出る程度で、微熱で治まりました。

次に娘が赤ちゃんの時にもまた手足口病になり、その時は口内炎が痛そうで、少し食欲が落ちましたが、赤い発疹はちらほらある程度で治りました。

ところが今年の夏、子供達はかかっていないのに、私が手足口病になりました。
手の平と足の裏は気持ち悪い程の発疹。口内炎の数は8個位。
とても痒くて眠れない。治った後も爪が剥がれる。
とても辛いです。

コサッキーウィルスA6型での手足口病だと、治ってから1~2ヶ月すると爪が剥がれてしまうことが多いようです。

子供よりも大人が手足口病にかかったときにみられる症状です。

忘れた頃に爪が剥げてくるので、驚く人も少なくありません。

大人の手足口病は赤ちゃんがかかるのとでは比べものになりません。
口内炎の数は10個弱で痛くて仕方ない。
手のひらと足の裏にはすごいいきおいで発疹が出て、痒くて痒くて全然眠れません。
熱は出ないのだけがまだ救いでした。

痒みがおさまった後は、足の裏の発疹が痛くなり、歩く度にすごく痛いです。
大人から大人にも発疹が出てるときはうつります。
4~5日で徐々に回復していき、爪が剥がれて来ます。
人差し指中指と3ヶ月たった今全て剥がれたところです。
手足口病は赤ちゃんの病気でも大人もかかるし、かかったら大変です。

大人の方が体重が重いので、足の裏の発疹は体重がかかってつらそうですね。

やはり爪が剥がれたようです。

4歳の長男と生後4ヶ月の赤ちゃんだった次男が、夜に発熱しましたが、翌朝には2人とも熱が下がっていました。
ただ、2人の足の甲や手に赤いポツポツが出てきました。
病院に行ったところ、手足口病でした。

赤ちゃんの手足口病は、口の中も痛いようで母乳もうまく飲めず、とてもかわいそうでした。
その後私にもうつり、三人で1週間隔離した毎日を過ごしました。

赤ちゃんから手足口病がうつってしまいました。
なんだか熱っぽくて、節々が痛いと思っていたら、手のひらに赤いポツポツが出てきて、これはもしかして姉の赤ちゃんがかかっていた手足口病かもしれない、と思った頃には、起き上がれないほどだるくて、食欲もなくなってしまいました。

なんだか悪いなと思いながら、一人暮らしで買い物にも行けないので、姉にヘルプを頼んで、おかゆや飲み物を持ってきてもらいました。

発疹がなければインフルエンザのような症状ですね。

節々が痛いのはつらそうです。

私が手足口病になったのは妊娠中です。
出産予定日を迎えた頃、両手両足に赤いポツポツが出来ました。
猛暑日が続いていた時期だった為、汗疹かなと思っていたのですが中々治ず病院に行くと手足口病の診断。
子供達の病気というイメージだった為、驚きました。

妊娠中で免疫力が低下していた為にかかったのではないかと説明を受けました。
幸いお腹の赤ちゃんに影響は無いと言われ安心しました。
その後予定日超過で入院となったのですが、他の妊婦さんや赤ちゃんにうつしてはならないとICUでの隔離と大変な出産となりました。

まさかの妊娠中の手足口病!大変でしたね。

妊娠中のプレママも人事ではありません。

妊娠中に手足口病などの感染症になったらどうなるのか、参考にしておきましょう!

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク

Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 12657420 bytes) in /home/scsolutions/www/sclbaby.jp/wp-includes/wp-db.php on line 2801