お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
  • お宮参りの服装は?お参りのあとはどうする?
お宮参り

お宮参りの服装は?お参りのあとはどうする?


赤ちゃんが生まれると、お宮参りに記念写真撮影、お食い初めなどイベント事が目白押しです。


乳幼児の頃のイベントはその時しかできないものが多いので後悔したくありませんね。


先輩ママのお宮参り事情、3つのケースを紹介します。


お宮参りはフォーマルな服装が◎~hoshiさん

お宮参り はフォーマルな服装

赤ちゃんは生まれてひと月ほど経つころ、赤ちゃんの成長を祈願するために神社へとお宮参りに行きます。


我が家でも娘が生後1か月を過ぎたころにお宮参りに行きました。


そこで気になるのは、お宮参りの時の服装です。


特に第一子の場合は何をするにも初めてで、わからないことばかりだと思います。


お宮参りにはどのような装いで行けばいいのでしょう。


大人はフォーマルで!

初詣や厄払いをしてもらうときは、カジュアルな装いで行くことが多い神社ですが、お宮参りの場合はきちんとした服装が好ましいと感じます。


神社の前で記念写真を撮ることも考えると、フォーマルがベターでしょう。


◆男性はスーツが◎
お父さんやおじいちゃんはスーツを着用しましょう。
我が家も男性陣はきちんとスーツを着てお宮参りに行きましたよ。


◆女性は着物orワンピース×ジャケット
お母さんは着物かワンピースにジャケットという装いがおすすめです。
私はこんな時じゃないと着物を着る機会がないと思い、着物を着用しました。
おばあちゃんはカジュアルフォーマルが好ましいです。


赤ちゃんは祝い着かベビードレスを用意

お宮参り とベビードレス

一般的なお宮参りだと、赤ちゃんは「のしめ」と呼ばれるお祝いの着物か、ベビードレスを着せてあげます。


◆祝い着は意外と簡単
着物は着せるのが大変と思われがちですが、祝い着の場合赤ちゃんを抱っこした状態でお母さんの背中にひもを結んで着せてあげるので、意外と簡単です。
華やかな印象にもなりますね。


◆ベビードレスもかわいい!
我が家は私が着物を着たということで、みんなが抱っこできるようにベビードレスを着せてあげました。
たっぷりのレースで作られたベビードレスもとてもかわいいのでおすすめです。


お宮参りに行く気持ちが大切!

我が家では古くからのしきたりなどを大切にしていて、お宮参りなどの行事も欠かさず行っています。


赤ちゃんが生まれて初めての大きな行事がお宮参りだったということもあり、私たちはフォーマルな装いで神社に行きましたが、もっとカジュアルな装いでも全く問題ないと思っています。


ジーンズにサンダル履きはちょっと問題ですが、男性はチノパンにジャケット、女性はワンピースにカーディガンなど、少しきれいめな服装を意識しておけばいいでしょう。


服装を気にすることももちろん大切なことですが、子どもが無事に生まれてきたことやこれからの成長を願ってお参りをする、という気持ちを持つことが大切です。


ベビードレスを着て初めてのお宮参りへ

『我が家のお宮参り・・・服装の後悔』~なるママさん

我が家のお宮参り

我が家は男の子二人兄弟で、同じようにお宮参りをするつもりでしたが、結果的には少し違った形のお宮参りになりました。


赤ちゃんの服装

二人とも男の子でしたが初孫でもありませんでしたし、主人が次男なのでそこまでのこだわりもなく、某フォトスタジオでレンタルしました。
(親は初孫には産着を用意したと思います)


でも流石に一人目は、両家の親も揃ってお宮参りもしたので、一緒に写真撮影もしました。


赤ちゃんにはベビードレスを着せ、その上から着物(祝い着)を掛けました。


家族の服装

ママは気合いを入れて着物を!という考えもありますが、私は帝王切開での出産でしたし完全母乳だったので授乳も大変そうと思い、私の中に着物という選択肢はありませんでした。


しかし両家全員揃ってのお宮参りと撮影なので、全員スーツでした。


私は、スーツも正直辛かったので黒のワンピースにしました。


一人目と二人目の違い

と、ここまでは、ごく普通のお宮参りだと思います。


私自身も一人目は、行事ごとなど色々と調べたりして


「一般的にはこういう風にやるんだ」


と、それに習って進めていくことが多かったのです。


しかし二人目は違いました。


不公平が無いよう同じようにフォトスタジオで写真撮影してお宮参りするのは決めていたのですが、一人目と違って二人目は生後一ヶ月で入院してしまったこともあり、お宮参りが随分と遅くなってしまったのです。


通常は生後一ヶ月頃に行うものですが、そういった事情もあり我が家の次男は生後五ヶ月に行いました。


こういった経緯から私達夫婦の中で「二人目だし、気楽な感じでいいか!」という気持ちが芽生えました。


次男のお宮参り

一人目の時とは違い、家族だけでのお宮参りと写真撮影となりました。


その時私の中である考えが浮かびました。


お宮参りでのスナップ写真もスタジオでの撮影も、赤ちゃんを抱いて着物(祝い着)を掛けてしまえば私の服装って殆ど何着てるかわからないんだよね・・・。


上の子もまだ小さいから普段着だし、両家の親もよんでないし、黒っぽければラフな格好でいいか!って思ってしまったのです。


ということで、赤ちゃん以外の家族全員が普段着という、ちょっと異質なお宮参りとなったのでした。


後からの後悔

その当時は二人の育児に追われイベント事を楽しむ余裕もありませんでした。


ただこなしていく感覚というか、少しでも楽に進めたい気持ちの方が大きくて、結果こういう形のお宮参りとなってしまいました。


しかし振り返って写真を見てみると、何ともちぐはぐで違和感のある写真なのです。


当然ですよね。


子供だけならまだしも、いい大人が普段着でお宮参りはやっぱりチョットおかしいです。


今から思えば


どうしてあんなこと考えてしまったんだろう・・・。


もっとちゃんとした格好で行けば良かった・・・。


と写真を見ては少し後悔しています。


皆さんは、悔いのないよう素敵な思い出を残してくださいね。


お宮参りで赤ちゃんの誕生を神様に報告
スポンサードリンク

お宮参り後の会食~あちゃパパさん

お宮参り 後の会食

長男が生まれて約1ヵ月が経ってから、赤ちゃんのお宮参りに行きました。


友達や親戚に事前に話を聞いており、それらを参考に写真撮影も一緒に行うことにしました。


参加したのは、私と妻、それぞれの両親を合わせた計7人です。


お宮参りの当日の午前中に写真スタジオへ行き、全員で写真を撮影しました。


赤ちゃんの衣装もそちらで借りて、そのまま午後、広島市内にある大きな神社へ行きました。


息子のお宮参り

お初穂料は一万円をあらかじめ準備して納めました。


生まれてから1週間ほどで予約をしておいたので、スムーズに行きました。


行事そのものは1時間足らずで終了しました。


どちらの両親にとっても初孫だったので、大きな喜びの中でお宮参りを済ますことができ、良かったと感じています。


お宮参りの寒さ対策

生まれたのが冬だったので、寒さ対策には気を使いました。


衣装の下にたくさん着込ませていたので、少し着膨れをしていましたが、神社に着いてから待っている間も、行事そのものの時もかなり寒さがこたえ、準備をしておいて良かったです。


赤ちゃんに気を使いすぎて、妻も私も上着を持って行っていなかったため、大変寒い思いをしたのを覚えています。


お宮参り後の会食

お宮参り

神社の近くにある大きなホテルのレストランを事前に予約して、みんなで食事をしました。


ホテルまではみんなで歩いて移動しました。


個室を借りていたので、気兼ねなく食事を楽しむことができました。


レストランに着いてすぐ息子は寝てしまい、食事の終わり頃まで起きる事はありませんでした。


寝顔をみんなで見つめながら、落ち着いて食事や歓談を楽しむことができました。


最後のほうに目を覚ましましたが、よく寝たせいかとてもご機嫌で、泣くような事は一切ありませんでした。


食事の最中もみんなで写真を撮り合ったり、息子の寝顔を撮影したりと和やかな雰囲気で過ごすことができました。


それぞれの両親が顔を合わせる機会は意外に少なく、その意味でも良かったと思います。


2人目・娘のお宮参り

娘のお宮参り

3年後に娘が誕生した時も、ほぼ同じ段取りでお宮参りを実施しました。


時期的に春だったので、寒さに気を使わなくて良い分、息子の時よりも楽でした。


前回と少し変化をつけるために、食事をする場所は違うところを予約しました。


娘はずっと起きていましたが、6人で順番に抱っこをして、これはこれで楽しい思い出です。


ただ、その頃息子はやんちゃざかりで、部屋の中で騒ぐので少し手間をかけられました。


ただこの時も、個室を予約していたおかげで周りの目を気にすることはありませんでした。


赤ちゃんや小さい子どもを連れて食事をする際は、やはり個室が便利で安心です。

お食い初め~我が家は形式にのっとって正式な形で

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク
みんなにシェアしてみないか

新着赤ちゃん記事に関する記事

はみ出なきゃ大丈夫!

【四コマ漫画】出産に・・・

「だって立ち会いたいby旦那」気持ちはありがたいけ・・・

【体験談】妊娠中に起・・・

「味がわかる!?」お腹の子の味覚 妊娠中、ママが・・・

面白エピソード

出産面白エピソード~・・・

出産面白エピソード~穴があったら入りたい!の第一弾・・・

出産費用

出産費用どうやって準・・・

出産費用は決して安いものではありません。 妊娠し・・・

妊娠とペット

ペットはこのまま飼っ・・・

ペットを飼っている家庭は多いですが、ペットのいる家・・・

赤ちゃんのお風呂

お風呂どうしてる?赤・・・

お風呂大好きな赤ちゃんが多いですが、小さくてふにゃ・・・

帝王切開

帝王切開で出産した理・・・

帝王切開で出産した場合、緊急帝王切開だったのか、計・・・

出産面白エピソード

出産面白エピソード~・・・

出産の際、陣痛の痛みのあまり、我を忘れてしまうママ・・・


シェアしてママの輪をつなごう

出産に関する記事

出産前にやっておきたいこと

出産前にやっておきたいこと

もうすぐ、いや来週ぐらいに3人目を出産予定のアラサ・・・

気軽に行けるかかりつけ医を作ろう!

気軽に行けるかかりつ・・・

子育てをしていて、よかったと思うことが「かかり・・・

産む前の満足と後悔

産む前の満足と後悔

よく言われていることですが、出産後は本当に自分の時・・・

KIKO流胎教

KIKO流胎教&赤ち・・・

目次 胎教がいい理由は? 胎教~まずは・・・

海外での妊娠【前編】

海外での妊娠【前編】

海外で妊娠・出産・子育てって大変なのでは?と私・・・

母子手帳 はママと赤ちゃんの大切なデータ

母子手帳はママと赤ち・・・

はじめて「母子手帳」をもらった時のことは、今でも忘・・・

産婦人科

産婦人科に通う前にし・・・

「妊娠かな?」と思ったら、次に行くべきところは「産・・・

妊娠検査薬

妊娠検査薬は妊娠の判・・・

目次 妊娠検査薬のしくみ 妊娠検査薬で・・・

今月の人気記事

妊娠32週~35週(妊娠9ヶ月)

妊娠32週~35週(妊娠

妊娠20週~23週(妊娠6ヶ月)

妊娠20週~23週(妊娠

妊娠24週~27週(妊娠7ヶ月)

妊娠24週~27週(妊娠

妊娠28週~31週(妊娠8ヶ月)

妊娠28週~31週(妊娠

出産面白エピソード

出産面白エピソード~穴が

妊娠16週~19週(妊娠5ヶ月)

妊娠16週~19週(妊娠

赤ちゃんのお風呂

お風呂どうしてる?赤ちゃ

妊娠12週~15週(妊娠4ヶ月)

妊娠12週~15週(妊娠


出産面白エピソード~穴が
お風呂どうしてる?赤ちゃ
早すぎたお出かけ
【体験談】妊娠中に起こる

ママに「シェア」してほしいのだ
スポンサードリンク
【四コマ漫画】出産にまつ...
はみ出なきゃ大丈夫!
高齢出産の体験談▲高齢出産の体験談
イベント・行事エピソード
赤ちゃんあるある
歯磨き特集
すくカレキャラクター紹介▲赤ちゃんのイメージをキャラクターにした「すく坊」や「ダン坊」などつくしの赤ちゃん仲間のご紹介!
育児グッズ

抱っこ派?おんぶ派?自分はこっ..

子供の母子手帳ケースはどうする..

ベビー用品レンタルせずに購入し..

子供にとってお風呂は楽しい遊び..

お風呂を楽しくする我が家の魔法

アラフォー母さんのお風呂奮闘

アラフォー母さんの冬におススメ..

早期教育!2歳から楽しむおすす..

離乳食
海外の子育て
ベビーサイン▲ベビーサイン
お役立ちデジタルコンテンツ▲便利で使えるアイテムを作ろう。
ジョナサンの成長日記▲新生児を1歳になるまで追いかけて取材しました。一年間の軌跡を綴った成長日記は毎月のようにドラマが…。これからママになる人も見てほしい幸せになるストーリー!
ダン坊のミルク集め

アプリ名:ダン坊のミルク集め
●価格:無料
●現行バージョン: iOS 1.0.3

アプリの詳細についてはこちら

RSSを購読▲RSSリーダーで手軽に新着情報GET!!
すくママラインスタンプ販売中▲ママ必見のすくママスタンプ。妊娠したら使いたいママの行動をバッチリ表現。ママには必見のスタンプなのです。
すく坊と仲間達のラインスタンプ販売中▲すくカレのキャラクターすく坊と仲間達のラインスタンプ発売中、つくしのよう精がLINEのトークを盛りあげてくれるよ。