掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
妊娠とペット

ペットはこのまま飼っていていい?妊娠後、我が家はこうしました!

ペットを飼っている家庭は多いですが、ペットのいる家庭で妊娠が分かったらどうする?

皆はどうしているのか聞いてみました。

妊娠時、ペットに猫を飼っていたケース

ペット の猫

妊娠にペットは悪影響があるということは知っていました。

長女を生んだ時には問題ありませんでしたが その後、迷い猫が現れて、思わぬところでペットとして猫を飼う事になりました。


その後、二人目を妊娠。

つわりなどでしんどい時は、猫が長女の相手をしてくれて助かりました。


ペットが妊娠している時に怖いのはトキソプラズマでしょうか。

しかし毎日のことなので、ほとんど気をつけることは何もありませんでした。

猫を飼っていると、トキソプラズマの心配をするプレママも少なくありません。

でも、猫からトキソプラズマに感染することは本当に稀です。

妊娠時に感染の有無の検査を受けることができ、妊娠するより半年以上前感染していたら問題ありません。

出産は、ペットを飼っている実家に帰省分娩しました。

ペットの猫とは一緒の布団でも寝ていたくらいでしたので、トキソプラズマ菌の胎児への影響が少し心配でした。

出産後、猫の毛なども少し気になりましたが、子供のアレルギーなども無く、問題なく過ごせました。


新生児のうちは猫と接触した後は手洗いを心がけましたし、ペットの糞尿などには近寄らないようにしていました。


うちの猫も気を使ってくれたようで、匂いを嗅いだり近くに来たりもしましたが、乱暴にしたりといったことはなかったです。

赤ちゃんへの動物アレルギーが心配されますが、何事もなかったようです。

出産後に実家の家族に手伝ってもらう予定で里帰り出産しました。

実家では前からペットを飼っていて、私も一緒の布団で寝たりするくらいでした。


うちのペットは猫だったので、妊娠後にトキソプラズマという菌の存在が気になりました。

出産後、毛なども気になりましたが幸い子供にアレルギーなども無く、困ることもありませんでした。


新生児のうちは猫に触った後は手洗いなどをしました。

うちの猫も気を使ってくれたのか、匂いを嗅いだり近くに来たりはありましたが乱暴にしてくることも無かったです。

こちらのケースも上記と似ているケースです。

猫は何かを察していたのでしょうか。

猫を飼っていたので、妊娠の可能性がある頃からトキソプラズマ症対策は念入りに行いました。

トキソプラズマに感染している猫の糞便からうつる、と言われているため、ペットトイレに触る際は必ずマスク、ビニール手袋をつけて、終わったら必ず石鹸で手を洗いました。


妊娠がわかってすぐに動物病院でペットの糞の検査もしてもらいました。

猫からうつる可能性は高くはないらしいですが、あることはあるため、注意するのに越したことはないと思います。

猫を飼っている家庭では、トイレの衛生面を皆さんしっかりやっていますね。

ペットは猫を飼っています。

妊娠してからも出産後もそれまで同様に接していました。


私は幸いなことに悪阻も大変軽かったので、ペットのお世話が苦に感じることはなかったです。


妊娠中はホルモンバランスが崩れて精神が不安定になりがちですが、そんな不安感も猫が癒してくれていたようです。


猫を抱きながら出産後赤ちゃんを抱きしめる練習もしていたり。

本当ペットのおかげで妊娠中も楽しく過ごせました。

猫の癒し効果で、精神状態が安定してマタニティ時期を過ごせたようですね。

やはり動物の癒し効果は絶大です。

ペットは完全室内飼育の猫が2匹います。

妊娠によってだいぶ猫たちとの関わり方も変化してしまいました。


ペットとはいえ家族の一員と思っていますが、やはり新生児のケアが優先になります。

妊娠後は、ペットを触った後や猫用トイレの掃除の後の手洗いを以前よりも念入りにするようになりました。


ペットたちのちやほやされ具合もかなり低くなってしまいました。

こちらも衛生面を徹底したようです。

ペットも家族の一員とはいえ、やはり新生児が優先になるのは当然ですね。

出産後にペットの2頭の猫のお世話をどうするか心配になってきました。2頭とも老猫です。


猫があまり好きでない夫に任せれるだろうかと心配でしたが、頼る人は他にいません。


双子妊娠だったため最後の検診日にそのまま入院になってしまい、3週間ほど夫にお世話してもらう結果になりました。


食事を与え、トイレを掃除するというだけで良かったのでなんとか夫一人に任せることができました。

出産後はペットが赤ちゃんにちょっかいなどを出すこともなく平和に暮らしています。

ペットのお世話問題もありますね。

一緒に暮らしていてもペットが苦手な人もいるでしょう。何事もなくてよかったです。

妊娠時、ペットに犬を飼っていたケース

ペット の犬

ペットの犬の扱いについて色々考えた結果、私が出したのは子供が生まれた後もずっと変わらずに一緒に過ごしていく事にしました。


確かに最初は万が一があったらどうしようかとも思ったのですが、幸いすごく大人しい性格のペットの犬だったので、出産後も変わらずに一緒の家で住む事にしました。


その方が子どもの情操教育にも良いと思ったというのがありました。

犬はしっかりと躾をされていれば、赤ちゃんがきてもうまく生活していけます。

躾がうまく入っていない場合、出産前にドッグトレーナーに躾を依頼するなどの対策が必要です。

出産後は、ペットを家の中で飼うのをやめました。


動物が好きで部屋で犬を飼っていましたが、出産後は母体や赤ちゃんにアレルギーや感染症が心配で庭で飼うことになりました。

ペットは大切にしています。


そのため、犬を触った後はきちんと手を洗うようにしています。

子供のようにかわいがっていても、赤ちゃんが優先になり、我慢が必要だと家族で話し合いました。

外飼いが可能な犬種であれば、この対策も間違ってはいないでしょう。

どうしても赤ちゃん優先になるのは仕方がないことです。

大型犬をペットにしている一軒家住まい。

1階のリビングと庭が行動範囲のワンコ。


昨年、第一子の妊娠後もお散歩を控えめにしたくらいで関わり方は変えませんでした。


赤ちゃんは2階に寝かせ、母の私も2階メインで生活。


犬は赤ちゃんに気づいていましたが、匂いに慣れさせる為に接触は最小限に。


子供が1歳頃から徐々に近づけさせ、犬も噛みついたり吠えない・子供も怖がったりイタズラしないか見張っていましたが、今では一緒にお昼寝する仲です。


情操教育の為にも、出産後もペットと生活を続けるのは大切な事だと考えます。

大型犬の場合、犬はじゃれているつもりでも思わぬ事故につながりかねません。

徐々に子供と距離を縮めていき、今では大の仲良しのようですね。

子どもを出産後、ペットとして飼っていた犬の行動が変わりました。


思うようにかまってもらえないことで壁を噛んだり、シーツをビリビリにしてしまったりストレスが溜まっているようでした。

環境の変化にペットも必死で気づいてほしいと、もがいていたのだと思います。


そこで関わり方を見直し、ペットと子どもと一緒に散歩へ行くなどの時間を多く作るようにしました。

犬がやきもちを焼いたケースです。

子供とペットと一緒に行動することで、問題行動は収まったようですね。

テキスト

2匹のプードルがいますが、妊娠後も特に何も変えずに過ごしました。

ペットというより家族なので兄弟が増える感覚です。


出産後だからと言ってペット扱いはしませんでした。

案の定2匹とも赤ちゃんを受け入れてくれたので、特に隔離するようなことはしませんでした。

一緒に添い寝をしたり本当の兄弟のようでした。

ペット扱いではなく、あくまでも家族として扱ったのが、赤ちゃんを受け入れてくれたコツかもしれませんね。

妊娠した時には2匹の犬がいました。

ペットではなく家族の一員として新生児を迎えるつもりでした。


出産後に一匹が赤ちゃん返りのようになってしまい、赤ちゃんが泣くと一緒に鳴き、赤ちゃんが泣けば泣くほど犬も激しく鳴き始め、さらに赤ちゃんが激しく泣き出す始末で収集がつかなくなってしまったので、仕方なく半年間ペットホテルではなく実家に預かってもらいました。

犬が救急車や消防車のサイレンの音に反応して遠吠えすることがありますが、同じようなパターンなのでしょうか。

実家で預かれるのは、ペットにとってもホテルに比べてストレスが少なく済んだことでしょう。

ペットは犬を飼っています。

特に気を付けていたことはアレルギーです。


旦那も私もペットのアレルギーはないのですが、旦那が色々と他にアレルギーを持っているので、出産後も今までと変わらず飼いつづけたかったので、トリミングの回数を増やしたり念入りに掃除機をかけたりと清潔にすることを心掛けていました。

ご主人が色々とアレルギーを持っていると、生まれた赤ちゃんに動物アレルギーがあるとも限りません。

やはり衛生面に気をつけて、毛が落ちていないようにする、トリミングで衛生的に保つことが大切ですね。

犬猫両方ペットとして飼っていたケース

ペット の犬と猫

我が家には大型犬と猫がそれぞれ一緒に暮らしています。

妊娠が判ってからはトイレのお世話を夫にお願いし、その他は私が主にこなしていました。


ペットは私が妊娠したことを薄々感づいていたのか、散歩中に気遣ってくれるそぶりを見せたり、甘えてくる時もお腹を避けて乗ってくるようになりました。


出産後は子どもを抱っこしてペット達に匂いを嗅がせる所から始めましたが、幸い子どもに嫉妬することもなく一歳になった今では子どもの傍に寄り添ってくれたりと、優しく見守ってくれています。

犬と猫、両方を飼っていてなんの問題もなかったどころか、逆に気遣ってくれるとは野生の勘でしょうか。すごいです。

魚もペット!でも水換えが……

ペット の金魚とメダカ

ペットとして、メダカと金魚をベランダで飼育しています。

妊娠してからも自宅のベランダで元気に泳いでいますが、魚たちの面倒を見る時間は極端に減ってしまいました。


まず、妊娠してからはベランダに出るのが億劫に感じてしまったこともあり、水槽や水などの重い物を持つのが大変になってしまったためです。


また、ベランダは暑いし寒いので、なかなか足が遠のいてしまいます。


出産後の今、天候の良い日は赤ちゃんと一緒にペットのお魚を見ることもあります。

水槽の移動や水の交換は、思いのほか重労働です。 家族がお世話できるのであれば、任せてしまいましょう。

ペットの鳥のこと

ペット の文鳥

私は妊娠前からペットの文鳥を飼っていました。

出産後、放鳥は赤ちゃんが寝た後のみとし、子どもが3ヶ月になるまではペットと赤ちゃんを触れ合わせることはしませんでした。


また、文鳥から出る脂粉や餌のカス、抜けた羽などが赤ちゃんの体内に入らないように鳥籠はリビングの隅に移動しました。

鳥もトキソプラズマの心配がささやかれている動物です。

衛生面を徹底して問題をクリアしたようですね。

ペットでニワトリを外で飼っています。

妊娠中・出産後ともにニワトリの世話をするときは普段以上に衛生面に気を付けていました。


小屋掃除やニワトリと遊ぶ時は、専用の服に着替え、マスク&手袋をしています。

小屋掃除が終わったら必ずうがいをし、シャワーを浴びています。


ニワトリが庭に放し飼いになっているので、出産後は自分の服や赤ちゃんの服等は室内に干しています。

まだ子供にはニワトリを見せていないので、もう少し大きくなったらペットのニワトリたちの世話や一緒に遊ばせたいです。

専用の服に着替えてその後はシャワー。

衛生面をこれでもかというほど徹底していますね。

庭でペットとしてニワトリを飼っているのもすごいです。

妊娠中にペットと旅行

ペット と旅行

結婚後すぐ、ラブラドールを飼いはじめました。

一年後、妊娠。安定期に入り、ペットと泊まれる宿を予約し、夫とペットとゆっくり、楽しい時間を過ごしました。


ペットと旅行も初めてで、不安もあったのですが、出産後は、行けなくなるだろうし、赤ちゃんのお世話で大変だと思ったので、思いきって行ってきました。

今でもいい思い出です。


ペット連れの旅行を悩まれている方は妊娠中がいいと思います。

確かに、出産後は簡単に旅行にもいけませんし、ペットがいるとなおさらですね。

犬連れ旅行がとても楽しい思い出になったようです。



皆さん色々なペットを飼っていることでしょう。

家族の一員として、どう関わっていくのか、妊娠したらしっかりと家族で話し合っていきましょう。


赤ちゃんの方が大事なのは分かりますが、妊娠したからといって、簡単にペットを手放すことのないように……。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
みんなにシェアしてみないか

新着赤ちゃん記事に関する記事

はじめての妊娠、まず何を買う?

初めての妊娠、まず何を買う?

つわり中でもなんとかりんごは食べられるむらみ。 ・・・

面白エピソード

出産面白エピソード~・・・

出産面白エピソード~穴があったら入りたい!の第一弾・・・

まさか旦那まで……!?

まさか旦那まで……!?

徐々につわりが重くなるむらみ。 年末年始で実家に・・・

安産

目指せ安産シリーズ第・・・

安産は妊娠しているプレママにとって目標とするところ・・・

少子化!?嘘だろ!?

少子化!?嘘だろ!?

病院で里帰り出産をするか聞かれたむらみ。 ご主人・・・

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病体験談&糖・・・

妊娠糖尿病は、それまで問題なくすごしていたのに、妊・・・

出産費用

出産費用どうやって準・・・

出産費用は決して安いものではありません。 妊娠し・・・

帰国!そしてついに……

帰国!そしてついに……

後半はつわりに悩まされた新婚旅行。 帰国後、産婦・・・


シェアしてママの輪をつなごう

出産に関する記事

切迫流産の張り止めのお薬、処方は担当医次第

切迫流産の張り止めの・・・

切迫流産と診断されると、お腹の張りを抑える薬を処方・・・

不妊治療での妊娠!大変だったことが沢山!費用も仕事も…

不妊治療での妊娠!大・・・

目次 不妊治療の病院がとても混んでいる ・・・

【不妊・妊活・出産特集】私の徹底した妊活について 

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 徹底した事①身体を温める! 徹底・・・

【不妊・妊活・出産特集】不妊の一番の足枷…わたしの場合

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 子どもが欲しくて結婚 一番妊娠し・・・

【不妊・妊活・出産特集】いざ、不妊治療へ!

【不妊・妊活・出産特・・・

目次 甘くはなかった不妊の「初治療」 ・・・

男性不妊を乗り越え自然妊娠へ

男性不妊を乗り越え自然妊娠へ

男性不妊歴6年を経て7年目に自然妊娠しましたが、結・・・

元気でいてくれてありがとう

元気でいてくれてありがとう

目次 妊娠発覚 突然の出血 喜びから・・・

切迫流産だった?ヒヤヒヤ過ごした10ヶ月

切迫流産だった?ヒヤ・・・

目次 妊娠初期に出血が! 安定期に入っ・・・

今月の人気記事

妊娠36週~40週(妊娠10ヶ月)

妊娠36週~40週(妊娠

妊娠32週~35週(妊娠9ヶ月)

妊娠32週~35週(妊娠

妊娠28週~31週(妊娠8ヶ月)

妊娠28週~31週(妊娠

妊娠24週~27週(妊娠7ヶ月)

妊娠24週~27週(妊娠

妊娠20週~23週(妊娠6ヶ月)

妊娠20週~23週(妊娠

妊娠16週~19週(妊娠5ヶ月)

妊娠16週~19週(妊娠

出産面白エピソード

出産面白エピソード~穴が

安産

目指せ安産シリーズ第三弾


出産面白エピソード~穴が
目指せ安産シリーズ第三弾
お風呂どうしてる?赤ちゃ
自力寝を促す?!我が家の寝んトレ

ママに「シェア」してほしいのだ
スポンサードリンク
初めての妊娠、まず何を買う?
はじめての妊娠、まず何を買う?
高齢出産の体験談▲高齢出産の体験談
今月の赤ちゃん大募集!応募はこちら
今月の赤ちゃん
律くん
東京都の律(りつ)ちゃん
大きな口で笑うようになりました^^
イベント・行事エピソード
赤ちゃんあるある
歯磨き特集
すくカレキャラクター紹介▲赤ちゃんのイメージをキャラクターにした「すく坊」や「ダン坊」などつくしの赤ちゃん仲間のご紹介!
育児グッズ

抱っこ派?おんぶ派?自分はこっ..

子供の母子手帳ケースはどうする..

ベビー用品レンタルせずに購入し..

子供にとってお風呂は楽しい遊び..

お風呂を楽しくする我が家の魔法

アラフォー母さんのお風呂奮闘

アラフォー母さんの冬におススメ..

早期教育!2歳から楽しむおすす..

離乳食
海外の子育て
ベビーサイン▲ベビーサイン
お役立ちデジタルコンテンツ▲便利で使えるアイテムを作ろう。
ジョナサンの成長日記▲新生児を1歳になるまで追いかけて取材しました。一年間の軌跡を綴った成長日記は毎月のようにドラマが…。これからママになる人も見てほしい幸せになるストーリー!
ダン坊のミルク集め

アプリ名:ダン坊のミルク集め
●価格:無料
●現行バージョン: iOS 1.0.3

アプリの詳細についてはこちら

RSSを購読▲RSSリーダーで手軽に新着情報GET!!
すくママラインスタンプ販売中▲ママ必見のすくママスタンプ。妊娠したら使いたいママの行動をバッチリ表現。ママには必見のスタンプなのです。
すく坊と仲間達のラインスタンプ販売中▲すくカレのキャラクターすく坊と仲間達のラインスタンプ発売中、つくしのよう精がLINEのトークを盛りあげてくれるよ。