掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
マタニティビクスで心身ともにリフレッシュ!私の場合。

マタニティビクスで心身ともにリフレッシュ!私の場合。

マタニティビクス で妊娠中の運動を兼ねて体重管理をしませんか?


妊娠中、体重増加で先生に叱られた私は、マタニティビクス やヨガ、ウォーキングでどうにか出産までの間を乗り切りました。

マタニティビクスのきっかけ

マタニティビクス のきっかけ

とにかくつわり中はいつも気持ち悪く、そうめんやアイスしか食べられなかったのですが、安定期を迎えた6か月頃になるとうそのように胃や胸のムカムカ感がなくなり、食べ物が非常に美味しく感じてしまうという事態が起こりました。


そして今まで食べられなかった分を取り返すかのように、今度はハンバーガーやポテト、ピザなどカロリーの高いものばかり食べたくなってしまい、その結果1ヵ月で3キロ増という結果を迎えたのです。


もともと厳しい女医さんだったのですが、当然先生からは叱られて食事指導を受けることになり、運動も積極的に行うよう言われました。


マタニティビクスのDVDを購入

DVD でマタニティビクス

当時仕事をしていた私は、最寄り駅までは行きも帰りもバスを利用していたのですが、余裕のある時には帰りだけでも30分程度かけて徒歩で帰るよう努めたり、週末は主人とともに近所をウォーキングするよう心がけました。


また、家でできるよう、マタニティービクス やヨガのDVDを購入して、平日の夜にチャレンジしたことを思い出します。


マタニティビクス やヨガのDVDはいつでも家で手軽にできる点が魅力で、だんだん大きくなっていくお腹を支えるために腰痛も感じるようになってきた私は、運動という意味もありましたが、腰痛や肩こりを軽くするためにもストレッチ感覚で取り組んでいました。


DVDには簡単なテキストもついてくるので、わざわざ再生するのが面倒くさい場合は、テキストを見て動きを思い出し、できるところだけ取り組むといった方法をとるようにしていました。



あまり無理せず、自分のペースで行える点が良かったと思います。



マタニティビクスの効果

運動すると体も伸びて腰や肩の痛みもなくなり、出産時の産道を柔らかくするエクササイズやポーズも組み込まれているため、自分の体にもお腹の赤ちゃんにも良いことをしているという思いも後押しし、心身ともに充実することができます。


なおかつ体重増加にもある程度歯止めをかけることもできるので、妊娠中の方も無理のない程度に軽い運動をすることをオススメします。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク