掲示板| お問い合わせ| 利用規約| 個人情報について
スクワットとウォーキングのススメ。運動不足の妊婦さん必見です!

スクワットとウォーキングのススメ。運動不足の妊婦さん必見です!



スクワット とウォーキングを組み合わせて妊娠中は運動をしていました。


長男を妊娠中に、医師から運動不足と告げられたという理由があります。


それまでは正直、妊婦は絶対安静で運動などもってのほかだと思っていたので、そう言われたときはショックでした。


しかし医師曰く、運動をしないと体力がつかず逆に出産時に母子の身体に負担がかかるとのことでした。


ウォーキングで妊娠中の運動を


心を入れ替え運動をしようと思い、手探りで良い運動法を模索していました。


もしかしたら、私と同じように運動の仕方に困っている方もいるかもしれないので、ここで私がやって良かったと思う運動法をご紹介します。




まずは、ウォーキングです。


基本中の基本ですが、妊娠中となるとお腹の子が気になるのと身体全体が重くなり歩くのも億劫になってしまいますよね。


しかし、重い腰を上げて軽くでもウォーキングをしていると、不思議と日常の動作が楽になった感じがするのです。


かなり体力がつくというわけではありませんが、血行が良くなり足のむくみも改善します。


始めは15分程度の短い時間から始めて、徐々に距離を伸ばしていくと効果的です。


なかなか外を出歩かない妊婦さんにとっては良い気分転換にもなりますよ。


スクワットは安産運動!


次にご紹介するのは、スクワット です。


スクワット は、出産時に使う骨盤底筋を鍛えてくれる安産運動として知られています。


この運動をするのは、特に臨月のときがおすすめです。


なぜかというと、臨月になると赤ちゃんが出産に備えて徐々に下に下がってくるから。


このときにスクワット で骨盤を広げる運動をすることで、赤ちゃんの頭が骨盤にフィットして出てきやすくなるのです。


そうすることで、結果的には安産の手助けをしてくれて母親の身体への負担も軽くなるということです。


私はこれらの運動を主治医の先生から教えてもらいました。


妊婦さんの身体はとてもデリケートなので、このように医師と相談しながら適切な運動を行うことが大切です。


運動不足だからといって過度に運動をすると母子の身体に危険が及ぶので、あくまでも自身の体調と相談しながら少しずつ体力をつけていきましょう。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるらない場合もあります。医師やその他の専門家に相談するなど必要に応じてご自身の責任と判断で適切に対応くださいますようよろしくお願いします。本サイト使用している記事内の写真・動画は編集部にて撮影や掲載許可をいただいたものです。赤ちゃんのすくすくカレンダーの取り組みについてはこちらもご覧ください。


スポンサードリンク